番組タイトルバナー.png
▲鶴弥 耐える男たち
(ウラシマンタロウ出演CM/カンヌ広告祭シルバー受賞作品)

2012年09月15日

第38回(9月15日)はナガヨシユウスケのポテンシャルがあらわに!?



みなさん、ご機嫌いかがですか?



全国、全世界をネットを通じて皆様の耳へと注ぎ込む、
脱力系エンタテインメント・ラジオプログラム。

今、思いついたフレーズを何の考えも無く書いてみました。



“ガー!ガー!!ガー!!!×RADIO”と申します。




もう、最新回はお聴きになられましたか??

普段は通勤、通学中に聴いている。って方も。
家でヒマな時に聴いているって方も。
隣の家の夫婦喧嘩がうるさい時に聴いている方も。


どーぞ、肩肘張らずに。リラックスして聴いて下さい。


では、今週も番組の注目ポイントを
番組制作のディレクターの僕からご紹介。


【D(ディレクター)のココが聴き処】




さぁ。今週(第38回)配信の最新回の
ローテーションMCを担当するのは、この人。



“ナガヨシユウスケ”くん。



IMG_1412_2.jpg
▲満面の作り笑顔だぜ!!



ナガヨシ君がMCの回は、
アシスタント役の浦島こうじ並びに制作スタッフ。
全員オトコ。野郎だらけの回でございます。

よって、打ち合わせの段階から、しょーもない下ネタになり易い。



今回の放送も例外なくその煽りをモロにくらっております。







ま。いいんですけどネ。




小さいお子さんがいるご家庭は、
こどもが寝静まってからか、
部屋を移して、お一人でご鑑賞下さい。


もしくは、
反面教師として、こんな人間にならないように聞かす。
ってのも良いかもしれませんね。





本当に実の無い。ためにならない話。
をオープニングから全力でしております。





それゆえに、ツボにハマると最高に楽しいバカ話となってます。



そこからつながる、下ネタと芸術のコラボレーションコーナー
『んなにー。のコーナー』


では、今回で9作目となるんなにー作品
〈シルバーアクセサにー〉

“匠”ことナガヨシ君が発表。

個人的には今まででも3本の指に入る作品に仕上がっております。





そして、毎度毎度。
録音機片手に旅へと繰り出すロケ企画
『ナガヨシWalker』


では、番組最長の移動距離&ロケ時間。
マジの小旅行に近いロケに行って来ました!!!




IMG_1358.jpg
▲奥多摩駅ホームにて



東京都内、でもお隣は山梨県。
「奥多摩」



新宿に集合して快速列車に揺られて
すでにこの時点で、2時間弱。

ここから1時間に数本と無いバスに乗って。
そこから更に道を歩いて。


IMG_1364.jpg
▲奥にみえる洞窟が今回のWalker目的地です。



日原鍾乳洞へ行って来ました。


今回は、残暑キビシい9月にもパーカーが必要なクールな場所。
洞窟探索Walkerです。



自然が作り上げた、
洞窟内でナガヨシ探検隊が観たものとは!?




IMG_1387.jpg
▲マジで寒いんですよ。中は。



洞窟内の音声もふんだんにお届けする。
聴く旅行雑誌「ナガヨシWalker」。お楽しみあれ。




ハメを外しまくったコーナーがあると思ったら、
ガチンコのロケに出掛けたり。
緩急が自在すぎてバカになっちゃってる
ナガヨシユウスケ×ガー!ガー!!ガー!!!

ご感想もお待ちしております。
番組mail:gagagaradio@gmail.com まで





今週のこんだて

・オープニングトーク
「オイ、ナガヨシAVの話ししよーや」

・「んなにー。」のコーナー
「第9作【シルバーアクセサにー】」

・ナガヨシWalker
「東京都っぉ!?奥多摩『日原鍾乳洞』」

・MC対抗♪ ガー!ガー!!ガー!!!選手権
「最強パーティー選手権」

・エンディングトーク
・活動告知    
「ナガヨシ:podcast番組『やや有意義な週末』
「浦島:マザー出演『9/25 「“ライブ10ちゃんねるvol.25” 」
    シアターグリーン BOX IN BOX THEATER(池袋)

・教えて☆今日のMCのコーナー♪




produce by gagagaproject:制作スタッフ
posted by ガー×3! at 23:16| Comment(0) | 配信報告【Dのココが聴き処】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なちゅき♪の世界のココに行ってみたい♡:第6回



ご無沙汰しております!
ガーガーガーの水先案内人!なちゅき♪です!
ちょっと更新遅くなっちゃってすいませんね〜。
過ごしやすくなってきたんで寝入ってましたわ〜Yeah!

さてさて9月の第3週の「せかココスポット」
(※世界のココに行ってみたいスポットだよ!だいたい検討つくでしょうーが!)
はコチラ!!



%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%83%84%E3%82%A7.jpg



「フィレンツェ」でございます!


フィレンツェを紹介するにあたって忘れちゃいけない映画はやっぱり
『冷静と情熱のあいだ』ですかね〜♪
竹野内豊とケリー・チャンの、フィレンツェを舞台にした、10年にのぼる純愛を描いた作品は、
エンヤの「ふぁらうぇ〜ふぁらうぇ〜うぃえいぃえ〜」
相まってノスタルジックな雰囲気で、
マイフェイバリットムービーのひとつとなっております。


そんな素晴らしきイタリアが誇る
“天井のない美術館”フィレンツェ



をご紹介してまいりましょう!




場所はイタリア中部。ローマの北東に位置する内陸で、
古くから金融業・銀行業で栄えた地でございます。



securedownload.png



そんなフィレンツェのシンボルは・・・・





%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%BB%E3%83%87%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A3%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%AC%EF%BC%91.jpg



「サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂」



『冷静と情熱のあいだ』で印象的なシーンに使用されたこの場所は
1296から140年以上の
歳月をかけて建設されたドーム(ドゥオモ)型建築の最高峰です。

このドーム部分の屋上には昇ることができまして、
まわりに高い建物がないフィレンツェの街並みを一望することができます。




09.jpg



映画の中では二人が出会うシーンを空撮で撮影してますが
その美しい街並みとふたりが抱き合っているシーンは
日本映画史に残る
といっても過言ではないぐらい素晴らしいですよ!おすすめです!


さらに内部には美術館が併設されていて、
様々な美術品とバロック式の建築とをダブルで楽しめます。
フィレンツェに行った際はマストな観光地ですな!







次にご紹介するのが



securedownload-1.jpeg




「ポンテ・ヴェッキオ橋」アルノ側に架かる家付きの橋で



securedownload.jpeg



橋からせり出すように家がくっついています。
現在の橋の上は宝飾店や鞄などが売っていて、浅草の仲見世通りのような雰囲気です。


このポンテヴェッキオの橋上に回廊がくっついているのですが



%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%83%83%E3%82%AD%E3%82%AA%E6%A9%8B%E3%80%80%E5%9B%9E%E5%BB%8A-1.jpg



この回廊はフィレンツェを繁栄させたメディチ家だけが使える秘密の通路だった記憶が、
なんかのTVを見たときにやってたよ〜なやってなかったよ〜な。
まぁ気になったヒトは色々調べてくれ!
特にこのメディチ家に関してはフィレンツェを語る上でハズせない一家なので。
まぁ今回はあえて外すけど・・・・





ささっ次々!
続いてご紹介するのは・・・



securedownload-2.jpeg





%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%82%B9%E3%81%AE%E8%AA%95%E7%94%9F.jpg





「良くテレビとかで見る、有名な美術品!」



最初にも少し話しましたが、ここフィレンツェは“天井のない美術館”
街全体がルネッサンス期の栄華を色濃く残し、
そこかしこに美術品が点在しているのです。

写真で紹介したダビデ像やヴィーナスの誕生の他にも
現在、市庁舎として使われているのは「ヴェッキオ宮殿」と言いまして



%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%83%83%E3%82%AD%E3%82%AA%E5%AE%AE%E6%AE%BF.JPG




中にはダ・ヴィンチとミケランジェロの共作があったりします。



500%E4%BA%BA%E5%A4%A7%E5%BA%83%E9%96%93.jpg



「ダ・ヴィンチとミケランジェロの共作が見れるのはフィレンツェとミュータントタートルズだけ!」



そんな20代半ば〜30代前半にはたまらないキャッチフレーズが
ぴったりのフィレンツェ。


2日、3日と言わず1ヶ月ぐらい滞在してゆったりと街の歴史に触れてみたいものですね。



ではでは来週のせかココもお楽しみに!!



produce by gagagaproject;番組作家なちゅき♪
posted by ガー×3! at 05:20| Comment(0) | 世界のココに行ってみたい♡ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする