番組タイトルバナー.png

2017年08月05日

第293回は「ウラシマンタロウの誕生日を盛大に祝おうっ♪」




番組ディレクターの にっしんです。



でんぱ組.incの 最上もがさんが
グループを脱退しました。



Snap307.jpg
▲最上もが



現状のグループは6人構成で、
紫を担当していた最上もがさん。
全員がオタク気質で、ネットゲームで廃人化していた過去を持つ、
グループ屈指の人気、メディア露出を誇る存在。

当番組を長く楽しんでいる方からすると、ご存知かもしれませんが、
顔をキャラクター含めて、ワタクシ、番組ディレクターにっしん。
モロくそタイプでして。




だから、当然。このニュース思うところあるし、
誰だコノ人? ああ居るねコノ人?!
って人よりは当然詳しいんです。

まぁ、僕自身も数年前に、
最上もがの存在を知ることで、グループを認知し、
でんぱ組.incの楽曲に興味を持つ結果となりました。

今や脱退がYahoo!ニュースのトップにもなるくらいですからね。

すごい雑な説明をすると、
今や4、5人ないし10人いかないくらいのアイドルグループだと、
1人くらい金髪のグループの異端児的な頭髪、ファッションの人がいる。
そんなグループが、ある程度の頻度で居たりします。
その先駆け、先駆者が『最上もが』

完全なる金髪ショートカットで、アイドルです。
と出て来た時に、
否が応でも目がいきました。



それこそアイドルの世界を客観的に見ると、
AKBグループ、坂道グループ、
そこに ももいろクローバーZが続き、
そこを追う、第3グループの筆頭として存在していたところで、
ベストアルバムが発売されて、楽曲の制作が少し前から止まっていて、
グループ全体の活動もストップ状態で、
曲が出ないと、出面が減って、勢いも沈下してるかな〜と思っての、
最上もがグループ脱退のニュース。


まぁ、そうだろうね。
とは思いました。


オタク、引きこもり気質、
そーゆー集団のアイドルグループとして成り立って居たでんぱ組.inc
そーゆーアンバランスさが魅力でしたから、
人気が出て、知名度が上がって、アイドルとしてメジャーにならばなる程、
普通の、一般的なアイドルちゃんの、
きらびやかな部分での活動が増えていきますから、
そこで、普通に天真爛漫に活動できていたら、
オタクアイドルとしての、でんぱ組.incじゃないですからね。


一番、そーゆーの向いてなさそうな、
メンヘラさ、尖り、芯の強さ、個の持つ魅力。
もろもろ持っていた、最上もがが脱退。




うん。納得。


最近、卒業といってグループを離れるのが定番化している中で、
シンプルに脱退って言うあたりは、好きですけどね。






萌えきゅんソングを世界にお届け、でんぱ組.incでした
“ガー!ガー!!ガー!!!×RADIO”でした!!!








一昨年発売されたシングル
「あした地球がこなごなになっても」
は、あの年に発売された楽曲の中でも屈指の名曲だと思います。


でんぱ組さんは、盤としての完成度が、すんばらしーと思います。
最上もが自体は、楽曲では味を出している存在でしたが、
軸になる存在では曲の中ではなかったので、
でんぱ組.inc 五人としての活動と、
ピンで女優業を中心にするっぽい 最上もがさん、
どちらもここから飛躍していってもらいたいもんです。






番組の注目ポイントを
番組制作のディレクターの僕にっしんからご紹介。


【D(ディレクター)のココが聴き処】








今回のMCは?!
“ウラシマンタロウ”



IMG_0975.jpg
▲ファンキーサングラスオーケー




さぁ、今月で31歳の誕生日を迎えるMCの登場だ!!!


と言うことで、
今回は、舞台の千秋楽が終わった翌日に、
少し肩の荷が下りた、ピン芸人としての姿に戻った、
ウラシマンタロウの誕生日を祝っております。



IMG_0950.jpg






祝っておりますっ!!!









IMG_0957.jpg






祝っておりま〜すっ!!!








また一つ歳を重ねた、
ウラシマンタロウの喜び具合をお楽しみください。







第293回:ガー!ガー!!ガー!!!×RADIO(ウラシマンタロウMC回)
iTunes版:https://itun.es/i6d75rt
YouTube版:https://youtu.be/RgHVM1GDltw
ニコ動版:http://nico.ms/sm31691604





今週のこんだて

・ウラシマンタロウとイケメン舞台の思い出
・VR初体験記

・特別企画:ガー!ガー!!ガー!!!×RADIO第300回メモリアル回へ向けて会議

・浦島注入100%『URASHIMANTARO 31th Anniversary Party』

・エンディングトーク
・活動告知













produce by gagagaproject:制作スタッフ
posted by ガー×3! at 23:59| Comment(0) | 配信報告【Dのココが聴き処】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする