番組タイトルバナー.png

2017年08月19日

第295回は「ハナコ秋山とトラブルシューテュング♪」




関東、雨続きですね。
洗濯は、もっぱら天日干し派。
何が何でも、お天道様にさらす主義の 番組ディレクターにっしんです!!!


まぁ、うだるような暑さは、
夜の寝苦しく浅い睡眠につながるし、
夏場の疲れの原因になりますけど、
ぜんっぜん晴れないのは如何なものか??

それこそ、たまに日中に耐えれそうな天候を見せたかと思ったら、
都内では、花火大会が中止になるほどの局地的スコールなんて日も。
そんな時に干していた衣類の身にもなってもらいたい。


でも、週明けから、夏の天気が戻って来ます!!!
残り少ない夏を満喫すべく、夏曲聴きまくろうぜ。


『逃げ水 / 乃木坂46』


51fjKQ-Q1NL.jpg
▲逃げ水(Type A)(DVD付)



僕の中の今年最大の夏曲。
逃げ水=蜃気楼みてーなやつですわ。

加入したばかりと言っていいでしょう、乃木坂3期生の、
与田祐希、大園桃子のWセンターの乃木坂の夏の新曲。
サプライズ的な3期のセンター器用ですが、
今のアイドル界を引っ張る乃木坂の新戦力にふさわしい、新戦力。

与田祐希、山下美月は乃木坂らしい美少女。
大園桃子は何か惹きつけるものを持っている。今作にMVでも印象に残る。
それに、1期、2期の分厚い人材の層。


そして、今回の逃げ水の楽曲では、
サビの間の転調として、
ドビュッシーのクラシックの印象的なフレーズが使われています。
現在のポップスのトラック数の多い、音と音が重なる楽曲の中で、
ピアノの旋律から始まり、打ち込みが軽やかなAメロの曲調と、
そこからの盛り上がるサビの間の、
クラシックによる静寂。聴き馴染みのあるドビュッシーフレーズ。
そこに重ねるような打ち込みからシンセサイザーと、軽やかなピアノ。
Bメロではエレキギターがアクセントで入ってきます。
んで、ドビュッシーからサビのコンボきて、
大サビ前のメロディーラインが素晴らしい。

MVも、何が言いたいが全然わかんない感じの最高の出来。


夏曲か?
季節関係なしに永遠に聞ける。
作品として非常に楽しい、そういう意味で、
夏の浮かれ具合が出ちゃう新曲。
振り付けは、軽く盆踊り入ってるけど、意識的かしら。






いつか乃木坂のソニーのスタジオで収録したいです。持て余す広さ。
“ガー!ガー!!ガー!!!×RADIO”で〜す☆






Type Bに収録されている、
アンダーも名曲。
心打つものがある。








番組の注目ポイントを
番組制作のディレクターの僕にっしんからご紹介。


【D(ディレクター)のココが聴き処】








今回のMCは?!
“ハナコ秋山”


IMG_1074.jpg
▲ビシっとおさまりの良いポーズと、おかっぱだこと。




さぁ、今回はハナコの秋山くんのMC回。
MC全員集合回や、アシスタント回が立て込んでいて、
例年通りという言い方になるかもしれませんが、
夏場の登場回数が飛躍的に多くなる、
番組が誇る夏男(代打)の秋山くん。
今週はバシっとMCとして、尖ったらしい味を出して頂きたいんですが、
ここで1つ、お話というか、言い訳というか、
今回の配信の解釈をいたします。




すげー久々に、収録クラッシュしました。









クラッシュっすわ、クラッシュ。
飛んだ、飛んだ。
収録素材が飛んだ。






事件現場に遭遇した、人間から証言させて頂きますと、
あの日の収録も、
普段通りにつつがなく進行してたんです。



IMG_1060.jpg
▲ほら普通っしょ。



ご覧の通り、マイクの前で、
ハナコ秋山くん、ウラシマンタロウが、
アノ日も。おもしろ可笑しくトークに華を咲かせていましたよ。
んで、マイクのケーブルの延長線上には、
主にボリュームをコントロールするミキサー卓を経由しての、
パソコンにつないでの録音体制でございます。


創業当初から変わらぬスタイルでやらさせて頂いております。


ここになんの抜かりも、新たな機材も導入しておりません。
まぁ、一瞬。
録音中の画面に、全然読めない英文が出て来たんですけど、
耳に録音している音源を聴きながらの収録でクラッシュはしてなかった、
けど、
録音止めたら、綺麗に消えたんですね〜。
その英文でたあたりくらいまでのデータが。


怖いな〜怖いな〜。
1番怖いのは、
ありえないものが見えちゃうよりも、
見えてたはずのものが、見えなくなること。

録れているに決まっている。
大丈夫と信じていた自信が崩れる、これが何よりも怖い。
心が疲労する。今後の収録でも気になっちゃう。
録れてたのは耳と肉眼での波形で確認していたので、
復旧にかけるか、それともコレ以上の被害を防止すべく、一旦セーブして、
ここまでのデータを保管にかかるか、
短いながらも全力の会議の結果。
消えたところでセーブしてデータ保存して再開しました。


って、いうのが、番組の後半コーナー、
『秋山100万石』
の中盤折り返しが見えたところで起こりました。
このコーナー、よりにもよって、
知らない情報を楽しむ、リアクションがカギを握る企画趣旨ですので、
取り直しは、命取りです。

が、我々、ガー!ガー!!ガー!!!×RADIOメンバーの、
悪い癖でもあり、長所でもあるのですが、
こーいったピンチをヘラヘラして、
別企画を走らせたりして遊びます。



今回は、
『録り直しを隠して、初見を装うけども、
 あぁ、やっぱダメだ薄ら笑いを堪えれません。
 と思った段階のところで、取り直していることを白状する。
 どこまで、シラを通して録り直しできるか選手権』


が、ウラで指導してまして、
最初にというか、ほぼ初めっから薄ら笑いを浮かべていた、
秋山くんが、白状しましたwww






そんなこととは、知らずに白状の段階で知った、
皆さんは、どー楽しまれたでしょうか?!

まぁ、消えてからいうのも何ですか、
最初の収録は、なかなかに好リアクションだったんですよ。








番組、長くやってると、いろいろありまさーな。








第295回:ガー!ガー!!ガー!!!×RADIO(ハナコ秋山MC回)
iTunes版:urx2.nu/Fnx8
YouTube版:https://youtu.be/Qj5Q4D4v2NM
ニコ動版:http://nico.ms/sm31771365







今週のこんだて

・オープニングトーク
 ハナコ秋山、ドラムスラックを浅く語る
 太鼓の達人への熱い思い
 ニルベース齋藤に勧められたイベントを拒否した話

・秋山&ウラシマンタロウの腹よじれ演芸

・秋山100万石
「秋山お奉行に今伝えたいチャラ情報♪」

・エンディングトーク
・活動告知














produce by gagagaproject:制作スタッフ
posted by ガー×3! at 23:59| Comment(0) | 配信報告【Dのココが聴き処】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする