番組タイトルバナー.png

2014年11月11日

#33 年内決着へ向けて動くプロジェクトども♪



番組のMCの1人、小新井涼を
ガー!ガー!!ガー!!!×RADIO発のアイドルとしてデビューさせちまおうぜ!!
“涼POPプロジェクト”のコーナー♪

月1のレギュラーコーナーとしては、年内完結。
を目指し、プロジェクトも動き始めておりますが、
年内より前に、今月は1つ。
アイドル界でのニュースが待っています。






今月の24日の勤労感謝の日の振替休日
NHKホールで行われる卒業ライブ
「アイドリング!!!14thLIVE 
 井の中のアイドリング!!! 大海でバタアシング!!!
 〜菊地亜美アイドル卒業までのカウントダウン〜」

をもって6年半のアイドル生活から卒業する、

アイドリング!!!の16号
“菊地亜美”



profile.jpg
▲「池」じゃないくて「地」です。菊地亜美。





発表は、夏休みの恒例のアイドルフェス「TIF」でだったんですが、
アイドリング!!!というグループで1番の出世頭であり、
歴代のアイドリング!!!メンバーでも1番の功労者であるのが、
この16号菊地亜美であることは、
ファンであれば100も承知。


おそらく世間一般でいうと、
菊地亜美という人の顔や名前はわかっていても、
アイドリング!!!というアイドルグループが存在する事を知らない。
お茶の間のテレビを見ている一家にはそんな人だって多くいると思います。
全然出かたが違うけれども、
「Rev. from DVL」の天使過ぎるアイドル。橋本環奈もそうでしょう。
自分自身が売れることによって、グループから突出した存在になる。

グループよりも存在が大きくなっても、
「アイドリング!!!16号の菊地亜美」
として、名前より前にアイドリング!!!を外さなかった。
ゴールデンの番組でピアノ対決があって(菊地さんはピアノが弾けます)
打ち合わせで演奏曲は何にしますか?となったときに、
アイドリング!!!の曲を演奏しようとしたけども、
ゴールデンの視聴者層では知らない為に却下になってAKBの曲を弾いて。
「アイドリング!!!16号の菊地亜美」として闘った。



そんな彼女は、アイドリング!!!のエースではない。
現在のホームであるアイドリング!!!に帰れば、
彼女は1メンバーであり、1アイドリング!!!です。
ライブでは、23人のメンバーの中でも目立たない方に入ると思います。
トークでは、ずば抜けてますがね(笑)

バラエティタレントとアイドルでの切り替え、
自分の立ち位置、自己分析がキチンと出来ている賢い人だと思います。

これから先、アイドリング!!!が今より大きくなったり。
それこそ大エース的な存在が今のメンバーや新メンバーから出る。
今のアイドル業界は可能性に満ちあふれています。
今の現状が遠い過去になるような動きがプラスにもマイナスにも、
今この時にもうごめきまくっていることでしょう。
でも、
“菊地亜美”のような存在は、
そうそう出て来ないぞ。


それだけは、断言出来ます。
だからこそ惜しい。
アイドル菊地亜美が観れるタイムリミットは刻一刻と迫っています。
バラタレとして活躍し、菊地亜美からアイドルが消えるのは、
世間では、あっという間だと思います。
数多のものがそうであると思いますが、
記録にも記憶にも残らないってのは、良くある事。普通だと思います。









ですので、
“涼POPプロジェクト”
は、今よりも少しでも語りつがれる存在にしたい。

知らない人に知って貰う。
知ってる人により身近な存在になって貰う。






『カラオケ展開はじめます。』



IMG_5133.jpg
▲カラオケで流れて来たら面白いでしょ。




前々から、カラオケで流れたら面白いよな。
と企画案は、あがっていたのですが、
楽曲の制作、CDの制作、その他の番組の動き。
アイドリング!!!のライブ行ったりだとか、細々と動いている中で、
後に後になっているのを、
脳裏にあるというか、視界の1番端にあるのを黙認しつつ、
今回ようやく始動する方向に動いていっております。

ですので、次のフィナーレに間に合うかは、
実際のところ、どのくらいの行程を踏むか、かかるかによりますので、
微妙に間に合わないんじゃねーか。
と思ってたり、頑張ったりします。




まぁ。
もともと、月1コーナーだとインパクトが弱いので。
がっつり出来上がって企画として発表できるカタチになったら、
特別企画みたいな感じで差し込むための、
番組戦略的な年内フィナーレなので、

まだまだ私たちの闘いは続きます。












produce by gagagaproject:制作スタッフ
posted by ガー×3! at 23:59| Comment(1) | TrackBack(0) | 涼POPプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
中指姫のRPPも来月で完結ですもんね。

最初から続いてるコーナーが終わってしまうのは寂しい限りですが、日々進化して行くのがガガラジなので、また何か新しいコーナーが始まるんでしょうから楽しみにしておきます。



これで1月から涼子・ポップ・プロジェクトとか始まったら噴き出してしまいますが(笑)

涼子さん回で。

『みんなのアイドル』

って毎回のように流れているので、まさかの展開を考えています(笑)



あのハスキーヴォイスで曲を作ったら尾藤イサオさんとか和田アキ子さんみたいな感じの曲になるのだろうか…w(°O°)w

『あの鐘を鳴らすのはあなた/サンボマスター』

『冬の稲妻/アリス』

が聴きたくなってキター\(^O^)/

ハスキーヴォイス、最高っす☆



『小新井ちゃんが中指姫なら私はアリスよ。不思議の国のアリス。だからアリスを歌いたいの』

『え?不思議ちゃんのアリス?よくわかってるじゃないですが涼子さん、自分自身の事〜(≧ω≦)ゝやらかしまくってるやべぇ奴って自覚があるって良い事ですよ』

『違〜う!不思議の国のア・リ・ス!私はやらかしはしたけど、やべぇ奴では決して無い!それなら鏡の国のアリスでも良いわ!鏡に毎晩のように小新井ちゃんよりも私の方が可愛いでしょ?ねぇ、そうでしょ?って問い掛けるの』

『涼子さん、そんな事をしたら鏡…割れちゃいますよ(笑)』

『そんな事ない!頑丈な鏡を買ってくるから大丈夫!』

『そこじゃないんだよなぁ。マジでやべぇ奴がココニイル(笑)』

『涼子さん、それは鏡の国のアリスじゃなくて白雪姫ですよ』

『へ?え、あ、え、あ。尾頭君、それホントw(°O°)w?』

『流石、オガシラ・スノーホワイト・カンペヘヴン先生』

『はい。本当です。鏡に問い掛けをするのは白雪姫で映画のマレフィセントの主役はアンジーでしたが、あの役はアンジーよりもやらかしフレッ…いや、涼子さんの方が適役だったってカキコ人も言ってたじゃないですか』

『あ〜あの、小新井ちゃんばっかりヒイキするぶっ飛んだ人ね。小新井ちゃんも私くらいな大きさだったらきっと違う事を言ってたと思うけど。私も大きくなりたかった〜(TωT)』

『え?どこをですか涼子さん?どこを大きく…』

『皆まで聞くな浦島〜』

『でも、大きいに越した事はありませんよ涼子さん(^-^)』

『へ?』

『尾頭君も結構、エグい事言うな〜(笑)』

『はw(°O°)wここにも小新井ちゃんのデカさに魅了された奴が(_´Д`)ノ~~』

…みたいな妄想をしてしまいました(笑)



やらかしフレッシュフェニックス以降、僕の中での涼子さんて完全にそういうイメージになっちゃったんですけど、ホント涼子さんて面白いですよね(^-^)

『そこでそれをやるのw(°O°)w』

みたいな事を普通にするから僕は毎回毎回、笑わせてもらってます(。≧∇≦。)

涼子さん、いつもありがとうございます\(^O^)/



『きくち』ってフレーズを聞くと僕の中では楽天イーグルスの。

『菊池保則投手』

なんですけど、菊地亜美さんの方は『地』の方のキクちゃんなのですね。



テレビをあんまり見ない僕でも菊地亜美さんの事くらいは知っていますが、アイドリング!!!16号って言うのは、おにゃんこ的な話で言うと会員ナンバーみたいなモノになるんですかね?

知識に乏しい僕はそのフレーズを聞くとドラゴンボールZに出て来た人造人間16号しか思い浮かばないのですが、前に中指姫回で昔某聖地で働いていた中指姫が、そこのユニフォームを貰い受けた話が出た時に人造人間16号みたいな服とかって下りがあったと思うのですが、それも同時に思い出してしまいました。



アイドリング!!!って、どこかで聞いたよな〜(。・ω・。)?って思っていたら、楽天イーグルスに森山周(もりやま・まこと)選手って居るんですけど、その人の奥さんが元アイドリング!!!の滝口ミラさんだと言う事を思い出しました。



ちなみに去年の日本シリーズMVPの美馬学投手の奥さんはワンピースのOP曲も歌っていたボン・ボン・ブランコのサントス・アンナさんでやんす☆

僕の中でサントスって聞くとサッカーのアレックス・サントス…あれ?今は三都主・アレサンドロになるんですかね?

あの選手が思い浮かびますが、田中マー君の奥さんはタレントの里田まいさんですし、野球選手ってそういう繋がりが多いんですかね(^-^)



橋本環奈さんも大変ですよね。

周りが天使過ぎるアイドルとか持ち上げ過ぎてて、若干可哀想な気すらしてましたが、そういうプレッシャーとか色んなモノを跳ね返す強靱なメンタルがあるからこそアイドルって成立するんだろなぁ(_´Д`)ノ~~って思う今日この頃。



アイドルに限らず芸能界って個性で勝負する業界だからメンタルの強さとか運の強さ、粘り強さなんかも必要なのでしょうね。

可愛いからスターになれるか?違うからなれないか?って言うのもまた違いますし、本当に難しいところ。



それに人の意見て十人十色だから顔出しをする職業の人たちって難しいですよね。

有名になればなるほど脚光も浴びますが、分母が広がれば広がるほど批判的な人も増えたり。

ホント、ヘタレな僕には絶対にできない仕事でやんす。



自分自身が好きだからその道を選ぶって、簡単なようで難しい事なの鴨。

好きな事を仕事にすると、どうしても嫌な面も見えて来ちゃいますからね。

僕も声優になりたかった時期がありますが、振り返るとならなくて良かったと思っています。



あとはラジオパーソナリティーとか風水師とか色んな事柄に興味がありますが、今はYouTubeがあるから僕みたいな素人でもラジオパーソナリティーになれますからね(笑)

最近、友達とその話になっていつかラジオパーソナリティーになりたいなぁヽ(´▽`)/って言ったら。

『お前の番組とかリスナーまで濃そう(笑)』

とか言われてしまったのは内緒の話ですが、広く浅くより深く狭くな方が僕は好きなので、そんなアツいリスナーさん達に向けたラジオ番組をいつかやりたいと思った今日この頃。



もちろん、それは仕事としてではなく趣味として。

趣味ならマイペースに続けられますし、ある程度は言いたい放題言えるので楽でやんす。

やっぱり、そういうのは楽しんでナンボですからね☆



それにしてもアツい。

菊地亜美さんの裏話も聞けて良かったです。

やっぱり、どれだけそこに『愛』があるかでしょうね。



有名になっても自分自身の原点を忘れない姿勢、良かったです。

そういう話を聞くたびに僕自身の人としての小ささを痛感してしまうわけですが、それも学びだと思っているのでこういう話はこれからも聞きたいです。



スポーツでもそうですよね。

お金を積まれれば簡単に移籍してしまう選手が多いチームとチーム『愛』に溢れた選手が多いチーム。

どっちを応援したいか?って聞かれたら自然と答えが出ますからね。

まぁ、夢を追い掛ける場合は話が変わって来ますが(笑)



楽天イーグルスのレジェンド、田中マー君はメジャーに移籍しましたが超絶弱小球団だった頃の楽天にすんなり入って、チームを日本一に導いてからメジャーに移籍したのでチームが変わっても田中マー君を応援している楽天イーグルスファンは多いです。

その前のエース、岩隈久志投手もメジャーに移籍しましたが100敗すると言われたチームを支え続けたチーム『愛』…ア、アカン。

思い出しただけで少し泣いてしまいそうです。



ホント弱かったですからね楽天イーグルス。

人は環境や待遇が変わると人間性も変わる可能性がありますが、ずっと変わらない想いがそこにあるから僕は楽天イーグルスが好きなんだと思います。

あとはドラフトのクジ運がやたら強かったり、助っ人のワクワク補強があったり、ネタキャラが多いのも良いヽ(´▽`)/



何事でもそうですが、モデルチェンジのタイミングってありますよね。

アイドルがタレントにモデルチェンジするタイミングを逃すと、どっちつかずになって過去の人になる可能性もありますし。



今はバリバリの女優である○由美子さんも最初の頃はコリン星と並ぶくらい…とまでは言いませんが不思議ちゃんキャラで行ってたのを覚えてます?

『修羅雪姫』

って映画でハードアクションに挑戦した辺りから急にキャラが変わったような記憶があるのですが、あのまま不思議ちゃんキャラだったら今頃、完全に過去の人になって居たの鴨。



そう考えるとアイドルからタレントへのモデルチェンジをするのは今がベストタイミングだと判断したんでしょうね。

毎年毎年、アイドルやタレントの人が新しく出て来ますが結局、残れるのは極一部。

それを考えたら決断力って重要でやんす。



岩隈久志投手が楽天イーグルスに居た時に21勝4敗で投手タイトルを総ナメにした時も、しばらくこんなピッチャーは出て来ないだろうな…って思っていた矢先に田中マー君が24勝0敗って言うとんでもない成績で投手タイトルを総ナメにしましたからね(笑)



可能性ってホント難しいです。

このレベルの選手はもう出て来ない!って言って本当に出て来ないパターンもありますし、田中マー君みたいに数年の間にまた出て来る可能性もあるわけで。

ただ、そういう可能性に一喜一憂するのって楽しいですよね(^-^)



僕も毎回毎回、ロト6とかの予想をする度に1等当たっちゃったらどうしよう(汗)って本気で思っています。

ニアピンとか1個ズレにまみれているから余計にそう思うわけですが、逆にこれで当たっちゃったら凄いですよね(笑)

ガガラジ史上、最もカキコが長文で最もロト運があったカキコ人としてオガシラ・シーブック・カンペヘヴン先生の記憶に深く…深く…深く、残ったら良いなぁヽ(´▽`)/



RPPの曲が遂にカラオケに(^-^)

スゲー(。≧∇≦。)

カラオケにして欲しい曲のリクエストとかもありましたが、また文字数が足りなくなったので第150回のガガラジの感想の続きは次のカキコにします。



え?

じゃあ、カラオケに行ったら中指姫の曲が流れてる可能性がw(°O°)w

マ、マジか(≧▼≦)



え?

でも、そうしたら。

『これ誰の曲?』

『ググったら小新井涼って子が歌ってるみたい』

『マジ?良い女じゃん☆』

みたいな話になって。

『G』はゲンキの『G』って展開になって。

『涼、涼、涼〜ヽ(´▽`)/』

って昇天するオオカミさん達がΣ( ̄□ ̄;)←お前はどんだけ小新井ちゃんの事が好きなんだよ(汗)



『楽曲の制作』

『CDの制作』

『その他の番組の動き』

ここまではわかりますが、アイドリング!!!のライヴに行ったりしてRPPのカラオケ計画が遅れたとか…竜神大吊橋バンジージャンプにチャレンジする事が決まった白くまロック回の。

『おかしぃ、おかしぃ、おかしぃ〜☆』

って笑いながらツッコミを入れてしまうレベルですよ(笑)

ホント、笑っちゃいました♪
Posted by みにゃみにゃ at 2014年11月13日 19:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック