番組タイトルバナー.png

2015年03月10日

ウラシネマスコープ:第27幕 「テラスハウス クロージング・ドア」





週一WEBラジオ番組
『ガー!ガー!!ガー!!!×RADIO』内にて、
月に1度の浦島こうじMC回に開催されるコーナー
映画大好き、浦島こうじがシネマ芸人目指して映画をレビューする
『ウラシネマスコープ』
でゴザイマス♪♪



現在配信中の「ガー!ガー!!ガー!!!×RADIO」の最新回。
第167回にて。

アカデミー賞、日本アカデミー賞と映画界の賞レースが開催され、
アカデミーの受賞作が次々と公開になる中で、
今回は番組としては珍しい、次回予告して本当にその映画を観て来た回。


超人気番組テラスハウスの劇場版。
「テラスハウス クロージング・ドア」



▲【予告】あの日からずっと、テラスハウスは続いていた。



監督:前田真人
キャスト:菅谷哲也/小田部仁/吉野圭祐
     島袋聖南/松川佑依子/和泉真弥 他テラハメンバー
テーマソング:テイラー・スウィフト
上映時間:128分
映倫区分:G





2014年9月。多くのファンに惜しまれつつ終了した
テレビ番組「テラスハウス」。
番組のラストシーンは、最初から最後までテラスハウスに住み続けた
菅谷哲也(てっちゃ-ん)が、家の扉を開けたところ。
しかしあの日、あの扉の向こうには、
本当の〈ラスト-〉へと続く、新たな日々が待ちかまえていた。
てっちゃんと新たな住人たち、そして-卒業したメンバーたちによる
「本当のラストデイズ」が始まる。

用意したのは、素敵な家と素敵な車だけ。
あいかわらず、台本はございません。










テラハだテラハだ、てっちゃんだ!!!






テラスハウスといえば、
昨年、ティーン層を中心に人気爆発して、
その人気絶頂のまま最終回をむかえて、
テレビ業界を賑わしたテラスハウス。
その番組内でドキュメンタリーとして追って行ったテラハメンバーは、
筧美和子、今井華、今井洋介、chayなどなどなど
この番組をキッカケにブレイク!!!


我々ガーガーガーでも瞬間風速的に流行した、この番組。
(がっつり企画として特集した回もありました)



基本、美男美女な夢見る若者が男3女3で1つ屋根の下、
シェアハウスをしながらの共同生活で、
お互いの夢を語り合い、高め合い、ぶつかり合い、恋したりして、
生活の模様を密着して追いかけて、
それが、なにからなにまでオシャレなテイストで、お届けする
独自のスタイルの週一、30分の放送。
劇場版は、ざっと4倍の128分ぶっ続けで楽しめます。






20140127terrace.jpg
▲歴代のメンバーたち









o0523029112813484644.jpg
▲密着の模様をスタジオ陣が、活発な意見、感想で盛り上げます。









こーいったオシャレが前面に出て主張して来るモノ。
作品、芸術、もの、場面、空気感、
テラスハウスに限らず、あると思います。

それをヒネくれた精神で、ナナメにみて否定する。
ノーということで、受け止めないことで良しとする。
そんな、精神を根こそぎ引っこ抜いてくれる。
そんな作品がテラスハウス。


コレを、コレとして、良いといえる。




そーなったとき、この精神が植え付けられた時。
なんだか、少し憧れてしまうような世界がテラスハウスにはあって、
だから、最近はシェアハウスとか金銭的なもん以外の所でも、
ちょっと流行って需要があるんだろうなぁ、と思います。

なかなか劇場で観るにはハードルが高い映画ではあると思います。
素直な話しね、1人にしても複数で観るにしても、
人を選ぶ作品であることは否めません。


でも、
“テレビ番組を大画面の大音量の劇場で、
 不特定多数の中で、映画としてみる。”





コレを、成立させた作品でもあると思いますので、
これもまた新たなテラスハウスの功績といえるんじゃないでしょうか?









コーナーの感想。
そして、次回の浦島への映画鑑賞リクエスト。
映画マナーに関する個々のあれこれ。などなど
勝手きままに送りつけて下さい。
とくにコーナーとかかわりない普通メールもめちゃんこ大募集中。



番組mail:gagagaradio@gmail.com でお待ちしております!!













produce by gagagaproject;制作スタッフ
posted by ガー×3! at 23:59| Comment(1) | TrackBack(0) | ウラシネマスコープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
筧さんてここからブレイクしたんですね。

今、知りました(汗)

相変わらず、僕はそういうのに疎いので勉強になります。

ありがとうございます(^-^)



ネットを見てるとダーアサさんみたいに冷静に作品を分析してる人、結構居て本当に人を選ぶ作品なんだなぁ…って思いましたがテレビで恋愛妄想を繰り広げるなら僕はこういうのより最初から100%作られてるドラマの方が良いと思ったのは個々の価値観ですが、この辺の話は好みの問題なので楽しめたらそれで良いですよねo(^∇^o)(o^∇^)o



逆に紹介された事柄に対して全て綺麗な言葉だけを並べていても、それは本当みたいなウソであって決してリアルじゃない。

ガガラジが番組としてガチなら感想もガチ(о^∇^о)v

そんな感じ♪♪♪



ドラマだと失恋ショコラティエが凄い好きでした(≧ω≦)ゝ

最近だと…

最近だと…

最近だと…

はΣ( ̄□ ̄;)

アニメと旅番組とかスポーツ関連の番組ばっかり見てて、たまに相棒を見てるくらいなの鴨〜ε=┏( ☆_☆)┛

あと天気予報〜ヽ(´▽`)/

ま、良っか(≧ω≦)ゝ



そういえば広島カープのファンで自分の愛猫に当時の抑えのエースだったミコライオ投手の名前を付けた芸人さんが、この作品について色々な持論を展開していたみたいで、それが更にネットで熱き討論大会を呼んだみたいですね。



ちなみにそのミコライオ投手、今は楽天イーグルスに居るのですが2015年シーズンの開幕を待たずに離脱してチームに帰って来るのは、早くても七夕付近になる鴨Σ(T□T;)って言うお話。

ミコライオ〜(_TДT)ノ~~

離脱しちゃアカン人が離脱って本当にキツいっす…。

30セーブくらいは期待していたのに(T∞T)



この作品に対しての感想は。

『ダーアサさんに感謝m(__)m』

コレですかね(^-^)



ガガラジで白くまロックとかが夢中になっている中で1人、冷静に作品を見ていたダーアサさん。

同じカキコでもダーアサさんの存在の有無で大分印象が変わりますからね。

ダーアサさん、ありがとうございます(^-^)

これからもダーアサズ・アイに期待しております(≧ω≦)ゝ



マジ、ダーアサさんに勝てる要素が1つも見つからないので何とかそれを見付けたい今日この頃。

カンペヘヴン先生にも勝ててないですしΣ( ̄□ ̄;)(笑)

オガちゃ〜ん(_TДT)ノ~~



ただ、色々な事柄に対して。

『あ〜だ、こ〜だ』

って言えるのも4年前の今日と言う日を乗り越えたからなんですよね。



あの時の事を考えたら、今のこの状況は余りある幸せな時間だと思いますし、そういう気持ち・そういう経験を風化させずに持ち続ける事って大切だと思いました。



あの日、本当に世の中が映画みたいで現実を受け止めるのって、こういう事が起きた時って難しいんだな…って思いましたが、あれからまだ経済的・精神的に立ち直れない方々って沢山居るので1日も早く全ての方々が笑顔で明日と言う日を迎えられる日が来る事を願っています。
Posted by みにゃみにゃ at 2015年03月11日 05:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック