番組タイトルバナー.png

2018年01月28日

第306回は「ウラシマンタロウの検索履歴で遊ぶっ♪」




ども。
番組ディレクターの にっしんデス。


全く番組と関係のないところでネタバレの要素を含む話をします。
漫画、漫画のね。
コミックスで楽しんでいる派で、
ネタバレしても変わらずのテンションでいれる自信がない方は、
目をつぶって、画面をテキトーに少し下にスクロールしてみてください。



僕もつい先ほど、NHK総合の録画中継での全豪テニスの女子決勝を
始めはのほほんとみてましたが、
なかなかの熱戦で気合いを入れて見始めたところに、
Facebook messengerが連絡が来て、
ちょっと気の利いたGIFアニメで返信したやろうと思ったところ、
最新のトレンドで優勝者のガッツポーズが連発でトレンドに出て来て、
まぁ、ガッツポーズが片方の選手しか出てないし、
確実にこの選手が優勝しただろう。

と、
見えない角度からのネタバレを食らったところなので、
なるたけ、そーいった悲劇は避けたいと思っております。




じゃ、話したい話しますね〜。
(スクロールチャンスでーす。)












『幕之内一歩が引退表明しましたね』



なんのこっちゃ分からない方は、セーフの人か、
はじめの一歩をよく知らない人ですね。

幕之内一歩は、ボクシング漫画の金字塔、
少年マガジンで連載されている『はじめの一歩』の主人公です。

階級はフェザー級なので、軽めの階級っすね。



i-ippo.jpg
▲右側が幕之内一歩。左は千堂。



はじめの一歩というタイトルの通り、
割とガッツリめにイジメられている高校生の少年が、
ボクシングと出会って、ボクシングをはじめ、
プロを目指し、そして様々な強敵との闘いとともに成長していく。
ザ・スポ根展開で、
所属先のボクシングジムの先輩、後輩の試合も丁寧に描く、
一歩とその周辺の成長記録を見るような漫画、アニメです。

現在は日本タイトルを数度防衛して、
世界に向けてランキングを上げているところでしたが、
2度目の敗戦をして以降、
ブン殴られすぎると出てくる脳の障害、
パンチドランカーの初期症状が確認されて、
おっとコレ、どうなんだ?
ってなって一歩自体のストーリーは停滞気味でしたが、
今週の連載でガッツリ引退を表明したちゃいました。


一歩の面白いところは、
勝っても負けてもKO決着。

倒した倒されたの連発と、
絶対止めなきゃいけないところで全然止めないレフリーの
ジャッジ、レフリングによって起こる、
肉体と精神を凌駕した段階での熱い闘い。



そりゃパンチドランカーにもなるわ。
妙なところでリアルなフィクションあるまじき展開でしたが、
多分、実際にセコンドなどボクシングに従事してらっしゃる、
森川ジョージ先生ですから、
テヘヘ医者の勘違いでした、万事OKでーす。
とはならないと思います。


実は僕、にっしんのスポーツ遍歴として、
2年半くらいボクシングジムでガッツリ、ボクシング経験がありまして。
その頃はアニメの第1期もやっていて、
上の写真の千堂の必殺技スマッシュ
(右利きの構えの人だと左の長距離ブローです)
を見よう見まねでサンドバックに打ち込んで、
左の手首ごと逝きかけた思い出があるくらいハマった作品でもあります。



ちょーど少年マガジンの発売日の日。
マガジンを電車で読んでるサラリーマンを見かけ、
ちょっと興味があって、そんなにガン見しないように、
ページの進行を追っていたりチラチラしてたんですが、
見開きで「引退します」
って言ってて、びっくらこきました。
サラリーマンも前後のページを往復してましたわ。


嗚呼、マジで一歩が終わる。
と思い、
どうゆう終わり方になっても、センチメンタルな気分になるのは必至。
僕の青春の1ページであるボクシングを彩ってくれた作品。



でも、別に次号で完結とか描いてなかったんで、
その後の展開があるのか、
どういう落とし所が先にあるのか気になっております。





毎度20Rの配信時間でやっております。
ガー!ガー!!ガー!!!×RADIOッス♪







さぁ、溜まっている配信報告を1つ1つ消化していきますよ。
それこそ、
今から紹介する頃の時期は、
こんな話をするとは思ってもみなかったんでしょうねー。






番組の注目ポイントを
番組制作のディレクターの僕にっしんからご紹介。


【D(ディレクター)のココが聴き処】







ちょっと更新したかと思ったら、
また貯めはじめてしまった。。。







第306回のMCは?!
“ウラシマンタロウ”



IMG_1543.jpg
▲まぁ冬着にまでは追い付けてるかな。




さぁ、もうほぼ記憶にない、
306回のウラシマンタロウMC回。
アーカイブで聴いてみました。
個人的には、このくらい間を空けると他人事になってるので、
たまに自分たちで作った創作物のクセに、
イかれた企画とか、ぶっ飛んだ展開を平然とやるから、
なにこの配信恐い。って思う時があります。

皆さんも、よければアーカイブもお楽しみください。



この日は、ウラシマンタロウとして、
WEBの記事からのインタビューのオファーを受けてきて、
それ終わりでの収録でして、
このスケジュールを聞いた瞬間から、
軽くイジり始めていたので、
バツが悪そうにしていたウラシマンタロウ氏。


そして僕がお願いしてみて来てもらった
『ブレードランナー2049』
マンタロウさんのスマホの検索履歴で遊んだり、
した回でしたが、
最後に番組にすっかり顔を出さなくなった、
制作ダーアサからのサプライブメッセージを盛り込んだ回。



ダーアサに関しては、
今年から我々スタジオを目黒に移転した関係で、
ちょっと登場する機会が増える可能性がありますので、
元々、スタッフ陣が強靭な権力を振り回すこの番組において、
ウラ側の人数が増えることは番組に厚みを持たせるかもしれませんし、
パワーバランス、生態系が崩れる危うさもありますが、
まぁ、楽しい配信を提供できればと思います。


それにしてもサプライズメッセージ録って来たとき僕いたんですけど、
やけに緊張してたなwww








第306回:ガー!ガー!!ガー!!!×RADIO(ウラシマンタロウMC回)
iTunes版:https://goo.gl/d6vg9G
YouTube版:https://youtu.be/RNKZFJzIOlk






今週のこんだて

・トークの忘れ物??
・舞台『髑髏城の七人』を観劇して来た

・ウラシネマスコープ
 『ブレードランナー2049』
 『ドリーム』

・尾頭リユース地獄
 『僕らの履歴』

・エンディングトーク
・活動告知
・ダーアサからのサプライズメッセージ












produce by gagagaproject:制作スタッフ
posted by ガー×3! at 04:42| Comment(0) | 配信報告【Dのココが聴き処】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: