番組タイトルバナー.png

2017年09月09日

第298回は「ナガヨシユウスケがMCで帰還♪」




どーも、サッカーとギャンブルが大好き。
番組ディレクターの にっしんです。


今日は、日本最古のサッカータイトル
『第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会』
のラウンド16(4回戦)!!!


ベスト8が決まりましたッ!!!


tenn2017-e1502153833453.jpg
▲ラウンド16の表



ご覧の通り、サッカー好きじゃなかったら、
ちらほら知らないクラブ名があるでしょう。

それもそのはず、天皇杯は、
日本サッカー協会に登録していれば全てのクラブに出場権があります。

もちろん、J2以上のプロクラブにはシード権がありますが、
例えば、僕らが11人仲間を集めて協会に登録を申請し、
通ってしまえば、出れるのが天皇杯。

ヤグラの一番下から、
各都道府県予選を勝ち抜み、1つ1つ勝ちを積み重ねれば、
元日決勝の夢の舞台も可能っちゃー可能です。

現実に、今年は2クラブがジャイアントキリング(サッカー用語の大金星)
を達成してラウンド16まで勝ち進みました。


長野県代表のAC長野パルセイロ(J3)
茨城県代表の筑波大学蹴球部(関東大学リーグ)



この2チーム!!!
J3で普段闘う、長野パルセイロは、まぁ分かる。凄いけど。凄いけども。
でも、
筑波大学のサッカー部エグいくらい凄くないですか??
ココに来るまでにJ所属のクラブを3つ倒しての堂々の進出。
日本でも最も歴史のあるクラブの1つ、
筑波大学蹴球部
さすがです。としか言いようがない。


今日も、不運なハンドからのPKでJ1の大宮アルディージャに
先制点を献上しましたが、
食らいついて、接戦に持ち込み、惜しいシュートも放ちました。
最後は派手なゴールで力尽きましたが、
大学生、立派な闘いぶりでした。NHK BS1で観てました。

世界的に見れば、この大学生年代で、
国の代表背負ったり、チームのエースだったりする選手もいますが、
個で凄い人は、そりゃ若くから活躍できるサッカーだとあり得ること。
現状プロでない、大学生が、
クラブ単位でプロと対等に闘え、複数のクラブを倒した。
この事実、経験は筑波大の選手の糧になると思いますし、
逆にプロでサッカーで飯食ってるJクラブは何をやってるんだ。
と両方の思いがあります。





ノリだけ大学生ノリが抜けません。
“ガー!ガー!!ガー!!!×RADIO”ッス☆






サッカーの話の時は、
そんなに、ふざけない。


リスペクトの心。







番組の注目ポイントを
番組制作のディレクターの僕にっしんからご紹介。


【D(ディレクター)のココが聴き処】






さぁ、1週分、配信報告の記事が遅れております。
時間の借金を返すべく、
先週の放送回の記事を書くことにいたしましょう。

まぁ、アーカイブスで、いつでも何度でも聴けますから。



先週にMCでお届けしたのが、
“ナガヨシユウスケ”


IMG_1200.jpg
▲最近のMC陣には、いないタイプのシュッとしたMC



さぁ、番組の元MCレギュラー。
番組を離れていてから、
スタジオでメインMCを担当するのは久しぶりのこと。


それは、何を隠そう、
当番組が、間も無く300回の配信を迎えるにあたって、
ちょっと、振り返る。振り返っても良い人間を呼びたかったから。

そこで、番組の初期から暴れまくり、そして暴れまくられたMC。
ナガヨシユウスケを呼んで、
我々としては珍しい、番組の昔話なんかをしようと遊びに来て貰いました。
が、
今は『顔ハメ兄さん』という奇行に邁進している、この男。
その辺の交通整理をしつつ、ワイワイやっていたら、
『あっ』という間の終わった。という印象です。


多少、うちわの話や、
過去の配信回を知っていないと分からない。
そんな話もございますが、
300回やって来て、こーゆータイプの昔話を一切してこなかった、
当番組ですから、1回くらいやっても良いかなぁ。と思います。


この収録に携わったメンバー全員楽しめました。









ま。
先週の配信話ですし、
録音番組ですから、編集期間があって、配信がありますから、
もう、あんまし覚えてないんですけどね。



苦しくは、なかった。
ゆえに、楽しかった。








第298回:ガー!ガー!!ガー!!!×RADIO(ナガヨシユウスケMC回)
iTunes版:goo.gl/Ki3R6Z
YouTube版:https://youtu.be/E7guXNxTX44
ニコ動版:http://nico.ms/sm31891456





今週のこんだて

・顔ハメ兄さんこと“ナガヨシユウスケ”が帰還?!
・そもそも顔ハメ兄さんとは?

・ナガヨシユウスケ×ウラシマンタロウの昔語り
 養成所時代の想い出/ガー!ガー!!ガー!!!×RADIOを振り返る

・『顔ハメ番付』

・エンディングトーク
・活動告知













produce by gagagaproject:制作スタッフ
posted by ガー×3! at 23:59| Comment(0) | 配信報告【Dのココが聴き処】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第297回は「ウラシマンタロウに怒涛の罰ゲームラッシュ♪」



目黒を歩いていると、
野良の(多分)フェレット(猫じゃなかった絶対)が、
すすすーっと、横切って行きました。


秋が近づいてきていますね。
番組ディレクターの にっしんデス。



フェレット(だと思うんだよなぁ)を見ていると気づいたんですね。
配信報告を書いていないことに。

今週のじゃないです。
先週のです。



で、今週のも書かなければ。
と考えつつも、
妙なところ几帳面なところを発揮する僕は、
まずは、先週の配信報告を始めようと思います。

で、きちんと、
先週は先週として配信報告を〆た上で、
また別枠で今週の配信報告もしようと思います。




毎週やっておりますので、暇な時に聴いてみてください。
“ガー!ガー!!ガー!!!×RADIO”なんです♪





ガチの現在の最新回は、
番組初期を知る人にとっては眉唾ものの
ナガヨシユウスケ×ガー!ガー!!ガー!!!
が、
復活!?


IMG_1213.jpg
▲一切、収録で触れていない自作の顔ハメ看板



ピンと来ない人には、
面白さのカロリーオフがどうしても発生する、
そんな創りになっておりますが、
ナガヨシユウスケをMCに呼んだ時点で、そういう創りにしましたので、
どーぞ、我々にしては珍しい過去回想トークお楽しみ下さい。







番組の注目ポイントを
番組制作のディレクターの僕にっしんからご紹介。


【D(ディレクター)のココが聴き処】





で、
そんな前の週にMCでお届けしたのが、
“ウラシマンタロウ”


IMG_1147.jpg
▲これ良い画ですよね。



この回のハイライトは、
特別コーナーで開催した、
【尾頭リユース地獄】の
『罰ゲームテスター』ですね。


ボツになった、採用されなかった罰ゲームを、
実際に体験してみて再考しようという、
ラジオ向きかどうかなど、文章だけでもわかるであろう実験企画。



この番組を始める前から、
ディレクターにっしん、ウラシマンタロウこと浦島さんは付き合いですが、
僕個人として、浦島さんが1番輝くのは、
『嫌だ嫌だと、駄々をこね、くだを巻きまくる』
この状態の浦島さんがツボなんです。

基本的に属性として浦島さんは、
トラブルを引き寄せる、トラブルが寄ってくる性質の、
稀代のトラブルメイカー体質を持っていまして、
こういった荒ぶった企画をやると、
ほっといても悪い方向に自力で転げ落ちます。

そういう人間ってクラスや学年にいましたでしょう。



IMG_1151.jpg
▲楽しそうで何よりだ。



ということで、
最新回は、別のが流れてますがwww

1個前の回も、すこぶる楽しんでいる我々の音声が収録されております。
よろしければ。





第297回:ガー!ガー!!ガー!!!×RADIO(ウラシマンタロウMC回)
iTunes版:goo.gl/Ki3R6Z
YouTube版:https://youtu.be/DKkgiGQa8Os
ニコ動版:http://nico.ms/sm31851281





今週のこんだて

・ウラシマンタロウとサマソニ

・浦島注入100%『尾頭トラベル地獄の旅日記』

・尾頭リユース地獄『罰ゲームテスター』

・エンディングトーク
・活動告知













produce by gagagaproject:制作スタッフ
posted by ガー×3! at 23:59| Comment(0) | 配信報告【Dのココが聴き処】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月26日

第296回は「中村涼子とパイナップリン齋藤のトークセッション♪」



8月が終わり、夏の終わり。



わたくし、番組ディラクター にっしんが、
今年、2017年の夏の終わりが近づくのを、
しこたま楽しみにしておりました。




欅坂46、初の全国ツアーのツアーファイナル
『真っ白なものは汚したくなる』
ツアーファイナルの幕張メッセに行くことを!!!



IMG_1179.jpg
▲ツアーフラッグ、デザインは、ほぼスプラトゥーン。。。



行きたかった、欅坂のライブ。
初めてが、初のツアーのツアーファイナルの幕張メッセ。
今年の夏の想い出のナンバーワンのイベントっす。
ど平日の、ちょっと浅い時間からのスタートでしたが、
そんなこと知るかっ!!!と都内を脱出しての千葉県幕張上陸。

楽曲やMV、ライブ映像などを見ていてわかっていたつもりでしたが、
欅坂46は欅坂46という集合体であって、
アイドルやJ-POPというカテゴリーに入らない、
というか、
どのジャンル、カテゴリーに当てはめても浮く。浮きまくる。


今回も、観てしばらくして今でも振り返ると感想は、
ライブやらコンサートやらの類ではない、
舞台やミュージカル、1本のお話を見るような内容、構成でした。




世界観が強すぎる





この一言に尽きます。
すげーものを観た、すげーものを体験できた。
実体がうまく掴めないものを目の当たりにしたので、
説明が上手くできませんが、
今までの、他のものでは味わえないショーを味わったと思います。

何でしょうね、
初のツアーということで、そしてそのファイナルということですが、
何やってもいいわけじゃねーぞ。
とは思った。

もう、アイドルちゃんに元気や希望を貰うだけの時代じゃないんですね。
類似するようなものを無理やり模索するなら、
中島みゆきさんの夜会に似てると思います。




20170831-00000015-mnet-000-0-view.jpg
▲プレスに出ていた写真を拝借



全員推し、箱推しの自分としては欅坂46のライブ。
色々と生で体感している間に見たいもの、味わいたいものありましたが。
結局、結局のところ、
上の写真でも少なからず伝わるものがあると思いますが、
センター 平手友梨奈。
てち の存在感、カリスマ性、圧倒的な場を支配する引力に持ってかれた、
多分、幕張に集まった人の、ほぼ全員が。

末恐ろしい、
そして早く数年経って、もうちょい遅くのライブが出来る年齢になって頂きたい。





年齢制限なし!!!ただし情操教育には良くない怪電波。
“ガー!ガー!!ガー!!!×RADIO”デース♪






メンバーで、療養中だった、
今泉佑唯がライブで久々に全演出出演ではないですが復活しました。

こーゆー復活とかの場面に、その場に入れるのって、
あんなにハッピーなことなんだなぁと思いました。










番組の注目ポイントを
番組制作のディレクターの僕にっしんからご紹介。


【D(ディレクター)のココが聴き処】








今回のMCは?!
“中村涼子”



IMG_1115.jpg
▲上から 芸人→タレント→読モです。(詳細は配信を聴いてくださいね)




欅坂のライブに行くために、
個人的にスケジュールをギュギュっとしたおかけで、
更新の報告の記事掲載が遅くなりましたが、
配信自体は通常通り、滞りなく、
第296回のガー!ガー!!ガー!!!×RADIOも土曜日には配信をスタートしとります。
どーぞ、ご賞味あれ。


今回は中村涼子さんMC回に、
先輩で仲良しの芸人、パイナップリンの齋藤高広さんが登場!!!


涼子さんの力強さと、そのパワーを全て歪ませてしまう齋藤さんの技量。
非常にスペクタクルな配信となっております。
一つ、以前も中村涼子MC回に齋藤さんに来てもらった時に発生した、
懸案事項でございます、
『齋藤さんが大喜利に関して採点が厳しい』
に関しては、上の写真でも出ていますが、
今回、独自の採点方式と通常の採点方式を併用することによっての、
W採点システムによって評価を改善。。。



したと思ったんですけどねぇ〜www







お楽しみくださいっ♪







第296回:ガー!ガー!!ガー!!!×RADIO(中村涼子MC回)
iTunes版:goo.gl/22tXm6
YouTube版:https://youtu.be/7LF4boEMw4k
ニコ動版:http://nico.ms/sm31809969






今週のこんだて

・中村涼子×パイナップリン齋藤
・番組MC陣を食べ物に例えると
・中村涼子の禁酒で得たもの

・今日考トーク

・中村手芸店へようこそ『架空の本の設定を考えよう』

・エンディングトーク
・活動告知












produce by gagagaproject:制作スタッフ
posted by ガー×3! at 23:59| Comment(0) | 配信報告【Dのココが聴き処】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月19日

第295回は「ハナコ秋山とトラブルシューテュング♪」




関東、雨続きですね。
洗濯は、もっぱら天日干し派。
何が何でも、お天道様にさらす主義の 番組ディレクターにっしんです!!!


まぁ、うだるような暑さは、
夜の寝苦しく浅い睡眠につながるし、
夏場の疲れの原因になりますけど、
ぜんっぜん晴れないのは如何なものか??

それこそ、たまに日中に耐えれそうな天候を見せたかと思ったら、
都内では、花火大会が中止になるほどの局地的スコールなんて日も。
そんな時に干していた衣類の身にもなってもらいたい。


でも、週明けから、夏の天気が戻って来ます!!!
残り少ない夏を満喫すべく、夏曲聴きまくろうぜ。


『逃げ水 / 乃木坂46』


51fjKQ-Q1NL.jpg
▲逃げ水(Type A)(DVD付)



僕の中の今年最大の夏曲。
逃げ水=蜃気楼みてーなやつですわ。

加入したばかりと言っていいでしょう、乃木坂3期生の、
与田祐希、大園桃子のWセンターの乃木坂の夏の新曲。
サプライズ的な3期のセンター器用ですが、
今のアイドル界を引っ張る乃木坂の新戦力にふさわしい、新戦力。

与田祐希、山下美月は乃木坂らしい美少女。
大園桃子は何か惹きつけるものを持っている。今作にMVでも印象に残る。
それに、1期、2期の分厚い人材の層。


そして、今回の逃げ水の楽曲では、
サビの間の転調として、
ドビュッシーのクラシックの印象的なフレーズが使われています。
現在のポップスのトラック数の多い、音と音が重なる楽曲の中で、
ピアノの旋律から始まり、打ち込みが軽やかなAメロの曲調と、
そこからの盛り上がるサビの間の、
クラシックによる静寂。聴き馴染みのあるドビュッシーフレーズ。
そこに重ねるような打ち込みからシンセサイザーと、軽やかなピアノ。
Bメロではエレキギターがアクセントで入ってきます。
んで、ドビュッシーからサビのコンボきて、
大サビ前のメロディーラインが素晴らしい。

MVも、何が言いたいが全然わかんない感じの最高の出来。


夏曲か?
季節関係なしに永遠に聞ける。
作品として非常に楽しい、そういう意味で、
夏の浮かれ具合が出ちゃう新曲。
振り付けは、軽く盆踊り入ってるけど、意識的かしら。






いつか乃木坂のソニーのスタジオで収録したいです。持て余す広さ。
“ガー!ガー!!ガー!!!×RADIO”で〜す☆






Type Bに収録されている、
アンダーも名曲。
心打つものがある。








番組の注目ポイントを
番組制作のディレクターの僕にっしんからご紹介。


【D(ディレクター)のココが聴き処】








今回のMCは?!
“ハナコ秋山”


IMG_1074.jpg
▲ビシっとおさまりの良いポーズと、おかっぱだこと。




さぁ、今回はハナコの秋山くんのMC回。
MC全員集合回や、アシスタント回が立て込んでいて、
例年通りという言い方になるかもしれませんが、
夏場の登場回数が飛躍的に多くなる、
番組が誇る夏男(代打)の秋山くん。
今週はバシっとMCとして、尖ったらしい味を出して頂きたいんですが、
ここで1つ、お話というか、言い訳というか、
今回の配信の解釈をいたします。




すげー久々に、収録クラッシュしました。









クラッシュっすわ、クラッシュ。
飛んだ、飛んだ。
収録素材が飛んだ。






事件現場に遭遇した、人間から証言させて頂きますと、
あの日の収録も、
普段通りにつつがなく進行してたんです。



IMG_1060.jpg
▲ほら普通っしょ。



ご覧の通り、マイクの前で、
ハナコ秋山くん、ウラシマンタロウが、
アノ日も。おもしろ可笑しくトークに華を咲かせていましたよ。
んで、マイクのケーブルの延長線上には、
主にボリュームをコントロールするミキサー卓を経由しての、
パソコンにつないでの録音体制でございます。


創業当初から変わらぬスタイルでやらさせて頂いております。


ここになんの抜かりも、新たな機材も導入しておりません。
まぁ、一瞬。
録音中の画面に、全然読めない英文が出て来たんですけど、
耳に録音している音源を聴きながらの収録でクラッシュはしてなかった、
けど、
録音止めたら、綺麗に消えたんですね〜。
その英文でたあたりくらいまでのデータが。


怖いな〜怖いな〜。
1番怖いのは、
ありえないものが見えちゃうよりも、
見えてたはずのものが、見えなくなること。

録れているに決まっている。
大丈夫と信じていた自信が崩れる、これが何よりも怖い。
心が疲労する。今後の収録でも気になっちゃう。
録れてたのは耳と肉眼での波形で確認していたので、
復旧にかけるか、それともコレ以上の被害を防止すべく、一旦セーブして、
ここまでのデータを保管にかかるか、
短いながらも全力の会議の結果。
消えたところでセーブしてデータ保存して再開しました。


って、いうのが、番組の後半コーナー、
『秋山100万石』
の中盤折り返しが見えたところで起こりました。
このコーナー、よりにもよって、
知らない情報を楽しむ、リアクションがカギを握る企画趣旨ですので、
取り直しは、命取りです。

が、我々、ガー!ガー!!ガー!!!×RADIOメンバーの、
悪い癖でもあり、長所でもあるのですが、
こーいったピンチをヘラヘラして、
別企画を走らせたりして遊びます。



今回は、
『録り直しを隠して、初見を装うけども、
 あぁ、やっぱダメだ薄ら笑いを堪えれません。
 と思った段階のところで、取り直していることを白状する。
 どこまで、シラを通して録り直しできるか選手権』


が、ウラで指導してまして、
最初にというか、ほぼ初めっから薄ら笑いを浮かべていた、
秋山くんが、白状しましたwww






そんなこととは、知らずに白状の段階で知った、
皆さんは、どー楽しまれたでしょうか?!

まぁ、消えてからいうのも何ですか、
最初の収録は、なかなかに好リアクションだったんですよ。








番組、長くやってると、いろいろありまさーな。








第295回:ガー!ガー!!ガー!!!×RADIO(ハナコ秋山MC回)
iTunes版:urx2.nu/Fnx8
YouTube版:https://youtu.be/Qj5Q4D4v2NM
ニコ動版:http://nico.ms/sm31771365







今週のこんだて

・オープニングトーク
 ハナコ秋山、ドラムスラックを浅く語る
 太鼓の達人への熱い思い
 ニルベース齋藤に勧められたイベントを拒否した話

・秋山&ウラシマンタロウの腹よじれ演芸

・秋山100万石
「秋山お奉行に今伝えたいチャラ情報♪」

・エンディングトーク
・活動告知














produce by gagagaproject:制作スタッフ
posted by ガー×3! at 23:59| Comment(0) | 配信報告【Dのココが聴き処】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする