番組タイトルバナー.png

2018年01月28日

第306回は「ウラシマンタロウの検索履歴で遊ぶっ♪」




ども。
番組ディレクターの にっしんデス。


全く番組と関係のないところでネタバレの要素を含む話をします。
漫画、漫画のね。
コミックスで楽しんでいる派で、
ネタバレしても変わらずのテンションでいれる自信がない方は、
目をつぶって、画面をテキトーに少し下にスクロールしてみてください。



僕もつい先ほど、NHK総合の録画中継での全豪テニスの女子決勝を
始めはのほほんとみてましたが、
なかなかの熱戦で気合いを入れて見始めたところに、
Facebook messengerが連絡が来て、
ちょっと気の利いたGIFアニメで返信したやろうと思ったところ、
最新のトレンドで優勝者のガッツポーズが連発でトレンドに出て来て、
まぁ、ガッツポーズが片方の選手しか出てないし、
確実にこの選手が優勝しただろう。

と、
見えない角度からのネタバレを食らったところなので、
なるたけ、そーいった悲劇は避けたいと思っております。




じゃ、話したい話しますね〜。
(スクロールチャンスでーす。)












『幕之内一歩が引退表明しましたね』



なんのこっちゃ分からない方は、セーフの人か、
はじめの一歩をよく知らない人ですね。

幕之内一歩は、ボクシング漫画の金字塔、
少年マガジンで連載されている『はじめの一歩』の主人公です。

階級はフェザー級なので、軽めの階級っすね。



i-ippo.jpg
▲右側が幕之内一歩。左は千堂。



はじめの一歩というタイトルの通り、
割とガッツリめにイジメられている高校生の少年が、
ボクシングと出会って、ボクシングをはじめ、
プロを目指し、そして様々な強敵との闘いとともに成長していく。
ザ・スポ根展開で、
所属先のボクシングジムの先輩、後輩の試合も丁寧に描く、
一歩とその周辺の成長記録を見るような漫画、アニメです。

現在は日本タイトルを数度防衛して、
世界に向けてランキングを上げているところでしたが、
2度目の敗戦をして以降、
ブン殴られすぎると出てくる脳の障害、
パンチドランカーの初期症状が確認されて、
おっとコレ、どうなんだ?
ってなって一歩自体のストーリーは停滞気味でしたが、
今週の連載でガッツリ引退を表明したちゃいました。


一歩の面白いところは、
勝っても負けてもKO決着。

倒した倒されたの連発と、
絶対止めなきゃいけないところで全然止めないレフリーの
ジャッジ、レフリングによって起こる、
肉体と精神を凌駕した段階での熱い闘い。



そりゃパンチドランカーにもなるわ。
妙なところでリアルなフィクションあるまじき展開でしたが、
多分、実際にセコンドなどボクシングに従事してらっしゃる、
森川ジョージ先生ですから、
テヘヘ医者の勘違いでした、万事OKでーす。
とはならないと思います。


実は僕、にっしんのスポーツ遍歴として、
2年半くらいボクシングジムでガッツリ、ボクシング経験がありまして。
その頃はアニメの第1期もやっていて、
上の写真の千堂の必殺技スマッシュ
(右利きの構えの人だと左の長距離ブローです)
を見よう見まねでサンドバックに打ち込んで、
左の手首ごと逝きかけた思い出があるくらいハマった作品でもあります。



ちょーど少年マガジンの発売日の日。
マガジンを電車で読んでるサラリーマンを見かけ、
ちょっと興味があって、そんなにガン見しないように、
ページの進行を追っていたりチラチラしてたんですが、
見開きで「引退します」
って言ってて、びっくらこきました。
サラリーマンも前後のページを往復してましたわ。


嗚呼、マジで一歩が終わる。
と思い、
どうゆう終わり方になっても、センチメンタルな気分になるのは必至。
僕の青春の1ページであるボクシングを彩ってくれた作品。



でも、別に次号で完結とか描いてなかったんで、
その後の展開があるのか、
どういう落とし所が先にあるのか気になっております。





毎度20Rの配信時間でやっております。
ガー!ガー!!ガー!!!×RADIOッス♪







さぁ、溜まっている配信報告を1つ1つ消化していきますよ。
それこそ、
今から紹介する頃の時期は、
こんな話をするとは思ってもみなかったんでしょうねー。






番組の注目ポイントを
番組制作のディレクターの僕にっしんからご紹介。


【D(ディレクター)のココが聴き処】







ちょっと更新したかと思ったら、
また貯めはじめてしまった。。。







第306回のMCは?!
“ウラシマンタロウ”



IMG_1543.jpg
▲まぁ冬着にまでは追い付けてるかな。




さぁ、もうほぼ記憶にない、
306回のウラシマンタロウMC回。
アーカイブで聴いてみました。
個人的には、このくらい間を空けると他人事になってるので、
たまに自分たちで作った創作物のクセに、
イかれた企画とか、ぶっ飛んだ展開を平然とやるから、
なにこの配信恐い。って思う時があります。

皆さんも、よければアーカイブもお楽しみください。



この日は、ウラシマンタロウとして、
WEBの記事からのインタビューのオファーを受けてきて、
それ終わりでの収録でして、
このスケジュールを聞いた瞬間から、
軽くイジり始めていたので、
バツが悪そうにしていたウラシマンタロウ氏。


そして僕がお願いしてみて来てもらった
『ブレードランナー2049』
マンタロウさんのスマホの検索履歴で遊んだり、
した回でしたが、
最後に番組にすっかり顔を出さなくなった、
制作ダーアサからのサプライブメッセージを盛り込んだ回。



ダーアサに関しては、
今年から我々スタジオを目黒に移転した関係で、
ちょっと登場する機会が増える可能性がありますので、
元々、スタッフ陣が強靭な権力を振り回すこの番組において、
ウラ側の人数が増えることは番組に厚みを持たせるかもしれませんし、
パワーバランス、生態系が崩れる危うさもありますが、
まぁ、楽しい配信を提供できればと思います。


それにしてもサプライズメッセージ録って来たとき僕いたんですけど、
やけに緊張してたなwww








第306回:ガー!ガー!!ガー!!!×RADIO(ウラシマンタロウMC回)
iTunes版:https://goo.gl/d6vg9G
YouTube版:https://youtu.be/RNKZFJzIOlk






今週のこんだて

・トークの忘れ物??
・舞台『髑髏城の七人』を観劇して来た

・ウラシネマスコープ
 『ブレードランナー2049』
 『ドリーム』

・尾頭リユース地獄
 『僕らの履歴』

・エンディングトーク
・活動告知
・ダーアサからのサプライズメッセージ












produce by gagagaproject:制作スタッフ
posted by ガー×3! at 04:42| Comment(0) | 配信報告【Dのココが聴き処】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月08日

第305回は「ハナコ秋山×プリンセス金魚みんなのたかみちの全編新橋ロケ♪」




元日の天皇杯決勝で
リーグカップとともに今季二冠を達成することとなった、
セレッソ大阪の優勝で今季の国内サッカーは幕を閉じましたね。

高校サッカーは、
女子が藤枝順心が名門の貫禄をみせる優勝で、
星人の日の今日は、男子の決勝ですねぇ〜。



W杯イヤーでございますね。
フットボール大好き♪
番組ディレクターの にっしんです。




ためこんだ配信報告の記事をセコセコと書かせていただきます。
ガー!ガー!!ガー!!!×RADIOッス♪





さて、国内プロサッカーのシーズンが終了したということで、
僕の知る限りでも多くの選手がユニフォームを脱ぎ、
第2の人生を歩み始めておりますが、
今季は僕の中で印象に残っている名選手が引退をしております。

ちょっと紹介します。







羽生直剛


GettyImages-674798336-min.jpg
▲羽生直剛(ハニュウナオタケ)



僕の中での羽生といえば、直剛!!!



写真は僕の中での印象に残っている
クラブでの写真を載せさせて頂いております。

オシムの申し子。
と呼ばれた
主にジェフ、FC東京で活躍した、
運動量豊富なミッドフィールダー。ピッチを縦横無尽に走り回る選手。
僕の中では、
使ってもらうタイプのトップ下、シャドウストライカーのイメージ。

日本ではどうしてもボールを持っている選手に注目が集まる中で、
オフ・ザ・ボールの動きの質、
ボールの無いところでの運動量を惜しまない、
味方でいる時の心強さというより、
敵チームにいたら凄い嫌だろうなこういう選手。って感じの選手です。



オシムがジェフでブレイクさせた、
考えながら走るサッカー、
まさしくその中心にいた選手。

結局、日本ではまだオフ・ザ・ボールの質は、
あの時にオシムが提唱していた水準に達していないんじゃないだろうか。
サッカー先進国との差を埋めるためにも、
もっともっと活躍してる姿をみせて欲しかった選手の1人です。
お疲れ様でした。










加地亮



00012133.jpg
▲加地亮(カジアキラ)


FC東京、ガンバ大阪で活躍し、
日本代表の右サイドを攻守にわたって長らく牽引した、
日本有数の右サイドバック。

代表を自ら引退した後に台頭してきた、
内田、2人の酒井、
この3人も素晴らしい選手だと思いますが、
やっぱり物足りなさを感じてしまうのは、
僕は、加地亮という選手のクロスの美しさを知ってしまっているから。

意表をつくわけでもなく、
物凄いドリブルがあるわけではない。
ここでサイドを駆け上がって勝負仕掛けてゴール前にクロス上げてくんな。
っていうのが、味方も敵もわかってるタイミングで、
マークについている敵選手が身体を投げ出してスライディングして防ぐ。
その投げ出した足の上から綺麗な弧を描く放物線のクロス。
ハイ、コレをゴール前の人、合わせてくださいね。
っていうアレは、
本当に美しい幻術品だと思います。

自分が中継や、スタジアムで目でみた選手で、
日本代表ベストイレブンを決めるとしたら右サイドに加地亮を置く。
2018年までのシーズンでは右サイドは加地の聖域です。
お疲れ様でした。












石川直宏


6251123675a1d29159644f..jpeg
▲石川直宏(イシカワナオヒロ)



FC東京の風。
跳ねるようなドリブル。
と称される、
ストライドが大きい、ステップが飛び跳ねるようで、
その推進力のあるドリブルはスピード、キレ味ともに一級品。

文句なしで、スタジアムで観ていてワクワクさせてくれる選手。
ゴールは1試合で数回、下手したら見れ無い日だってありますが、
石川直宏のドリブルは1試合で10回、20回見れますからね。
ボール触るたびに心躍らせてくれる選手。
日本屈指のドリブラー。



惜しむらくは、
トップスピードでピッチを駆ける高速ドリブラーは、
対人スポーツであるサッカーにおいて、
怪我がつきものであるということ、
それは石川選手も例外ではなく。

前十字靭帯を損傷。
ドリブラーにとっての命であるクイックネス、
瞬発力の大事な部分、俊敏性から繰り出される切り返しを失いました。




例えば石川直宏がスタメンからフルシーズン出れる期間があって、
それが4年間。ワールドカップの予選から本大会の開催まで。
しっかりとチームに帯同して戦術に組み込める。
そんな、もしものパラレルワールドが存在していたら、
ここ3大会くらいの代表の成績、
代表人気は変わっていたかもしれ無い。



そんなことを思わしてくれる夢のある選手でした。
マジで、日本のサッカー好きみんなが好きだった選手だと思います。

だからこそ、
怪我をして、復調する間も無く怪我を再発して、
全然ピッチでボールを蹴る石川を見れなくて。
でも、
あの跳ねるようなドリブルがもう一度観れるような気がしてました。



IMG_1696.jpg
▲ピッチの真ん中にいるのが石川直宏



今季のリーグ最終戦。
順位は中位で確定しているし、
対戦クラブも優勝や降格に該当するクラブではないけど、
多くの人が石川直宏ラストゲームを観にスタジアムに足を運びました。
僕もその1人です。

スタメンで発表された石川直宏の名前、
そして途中交代でピッチを去る時、
どちらの際にも敵味方関係なく、
その日、1番と2番の拍手と歓声は、その2回でした。


お疲れ様でした。








知ってる、凄く知ってる選手が、
引退するというのは悲しくなりますが、
高校サッカーを見ていると、
知らないニュースターの原石が躍動したかと思ったら、
いや若いな。って言っちゃうくらい軽いプレーしたりするのを見ると、
ワクワクしますね。




いやぁ、フットボールって素晴らしいものですね。






番組の注目ポイントを
番組制作のディレクターの僕にっしんからご紹介。


【D(ディレクター)のココが聴き処】









ワールドカップイヤーですからね。
2018年は。

嫌が応にも盛り上がる。
そして、ココで下手な試合をすると、
今後のサッカー人気がマジでやばい事になる。

ガンバレ、ニッポン!!!







第305回のMCは?!
“ハナコ秋山×
 プリンセス金魚みんなのたかみち
  全編 新橋ロケ企画”




IMG_1458.jpg
▲抜けに映るのがSL広場




さて、まだ軽装な格好で、
夜の新橋に繰り出していた頃の全編ロケ企画。

華の金曜日。通称『ハナキン』

翌日は土日で休みだ〜。
と浮かれる、サラリーマンの聖地
『新橋』
に、
“ハナ”コの秋山と
プリンセス“金”魚のみんなのたかみち

を誘い出してのハナキンロケでございましたが、
まじで、この小ボケによるブッキングと場所選びでして。

それ以上でもそれ以下でもない。

強いていうならば、
気がついたら、改名していた『旧:たかみち』さんに、
どうしたん?って聞くのが目的の特別ロケ回です。



IMG_1459.jpg
▲魚金の店舗さんにて食事しながらのお気楽収録










IMG_1466.jpg
▲店のおすすめ盛り合わせに驚くたかみちさんに驚くハナコ秋山






下手な原稿での小細工はナシ。

ミッションは、
たかみちさんに改名のことを聞き出す。

そんな新橋ロケ企画。
どーぞ、アーカイブで305回をお楽しみください♪







第305回:ガー!ガー!!ガー!!!×RADIO(全編新橋ロケ回)
iTunes版:https://goo.gl/wTU49E
YouTube版:https://youtu.be/OTmCXz5WqQQ





今週のこんだて

・サラリーマンの聖地 新橋SL広場にてオープニングスタート
・たかみちさん改名してない??!

・新橋のサラリーマンの憩いの広場『魚金』にて食事しながら
・店のおすすめを食う
・築地あるある

・エンディングトーク
・活動告知












produce by gagagaproject:制作スタッフ
posted by ガー×3! at 08:32| Comment(0) | 配信報告【Dのココが聴き処】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月05日

第304回は「中村涼子×パイナップリン齋藤 まさかの第2戦♪」




お寒うゴザイマス。
番組ディレクターの にっしんデス。



マジ寒いですよね。
しかし、この配信報告は、
記事の入港が遅れに遅れていた秋口の番組の告知をしますよ。



毎週土曜日休まず配信。しかし配信報告の記事は遅れがちぃ!!!
ガー!ガー!!ガー!!!×RADIOッス♪





さて、10回分遅れている、
配信内容の報告をする前に、
ココ最近のワタクシの大きな出来事としまして。
引っ越しをしたんですね。

んで、その引っ越しが、この遅れに遅れている記事入稿にも、
若干の影響、原因がありますので、
まぁ、聞いてくんなまし。




引っ越すにあたってするべきことに、
ネット回線の解約手続きが発生します。
更新月以外の場合は基本的に解約料が生じます。
仕方ないことではあります。。。

しかし、そのことによって、
ネット回線を1から選べる状況になります。
引っ越しで心機一転、前々から気になっている回線に乗り換えました。



ogp.jpg
▲NURO



独特のテレビコマーシャルや、
ネット広告などで認識している人もいると思います。
『NURO(ニューロ)』

何と言っても売りは、
SONYのso-netが運用する世界最速の下り最大2Gbpsの通信速度。
普通の光回線の倍の速度が出ます。


普通に生活している分に関しては、
そんなに速いものを求めて何になるんだ?!
という感じかもしれませんが、
この番組もpodcastがメインのネット命の番組。
おまけに僕はディレクター業は、
音声メディアも映像メディアも兼任しております。
高画質の映像素材のダウンロードでの下り最大2Gbpsは、
圧倒的なパフォーマンスです。

普通に考えて倍の速度ですからね。
待ち時間がどんだけ少ないか。
普通に作業効率的にも、待ち時間でモチベーションが下がる事もない。
スマホのアプリなんか一瞬ですわ。快適。超快適。




ただ1つネックといたしましては、
通信速度は世界最速かもしれませんが、
引っ越し先にNUROの回線が引いてなかったので、
1からマンションに回線を引くところから始めたので、
NUROのお願いをしてから回線が繋がるまでの工事の手際が、
「クソおせえ」



申し込みをしてから、
まぁ注目の回線って事もあるでしょうが、
工事の予定日までが、まぁまぁ泳がされます。

そして、工事は1度では終わりません。
1回目の工事で宅内の接続に向けての工事を完了して、
そののちに2回目の工事へステップが進みます。

光ケーブル回線を引き込むための屋外工事が、
また別日に設定されます。
コチラはNUROの会社さんとは管轄外の、
まぁ僕のところでいうとNTT東日本さんの管轄なので、
そちらとの兼ね合いの調整で泳がされます。

んで、2度目の工事。屋外工事日きまりーの。
屋外工事されーの、
外の回線と宅内の回線を今度はNUROさんが繋ぎーの。

パンパカパーン NURO光 開通




となります。
この間、1ヶ月半。










遅ぉ。ツラぁ。。。




1ヶ月半、自宅でネット回線なしの生活。
今の時代、ネットないのシンドイですよ。
テザリングとスマホイジイジで、
ギガモンスター分なんてすぐに使いますよ。

ワタクシのようなSNSメディアを生業にしている人間にとって、
手足を奪われたようなもんですよ。
ガー!ガー!!ガー!!!×RADIOもアップするのにも一苦労ですわ。





配信報告の記事は必然的に後回しになる。
なるんです。









今、ネットが繋がって、
それでいて前よりもネット環境が良くなって、
飢餓からの贅沢な日々で、
ジャブジャブ、ネットが使えるこの状況で拍車がかかったのか、
ネット依存が過ぎる気がします。




ネットラジオ邁進していけそうです!!!




番組の注目ポイントを
番組制作のディレクターの僕にっしんからご紹介。


【D(ディレクター)のココが聴き処】





ネットが繋がってる場所で、
あらかじめ家で見る分のAmazonプライム・ビデオを
ダウンロードして帰る日々ともお別れです。

ビバ・ストリーミング!!!

案の定、記憶が薄れつつあった今回の記事の標的の
ガー!ガー!!ガー!!!×RADIOアーカイブもストリーミングで
楽しんでまいりました。
ダウンロードさえしちゃえばネットが止まっても大丈夫。






第304回のMCは?!
“中村涼子”



IMG_1433.jpg
▲涼子さん&子牛さんでーす。



前回の303回に引き続きの
中村涼子×パイナップリン齋藤
の2週続けての同一タッグトークでお届けしたんですが、
同じ2人で週続きっていうと、
2週分ストック込みの収録と思われるかもしれませんが、
前の週の段階で、同一タッグであることが確定していたにも関わらず、
きちんと帰宅して一週間後に集合して、
同じメンツで収録しました。




妙なとこ律儀っ!!!



ま、スタッフ含めておしゃべりばかりですので
収録で話し過ぎるというのもありますが、
録音してない間にも同じくらいトークをするので、
2週分録るなんてことするには、
物凄い収録時間と、体力がいるんですね。




少しでも別キャラが入ればと思い、
子牛と子キリンのぬいぐるみを卓上に置いてみました。
“子”
とついていますが、雰囲気を変える為に投入しただけあって、
流石の存在感。
もう原稿も自由に置けませんし、
音声の調整も担当している自分としましては、
僕の角度からは、涼子さんの口元が子牛で隠れてましたので、
ボリュームの調整は、ほぼ勘が優先でした。
いや、ナイスぬいぐるみ。




それにしてもコノ2人は輪を掛けて良く喋る。







第304回:ガー!ガー!!ガー!!!×RADIO(中村涼子MC回)
iTunes版:https://goo.gl/tiiQ9x
YouTube版:https://youtu.be/5OP9UhWG7R0





今週のこんだて

・中村涼子×パイナップリン齋藤まさかの連投
・涼子さんが聞く、ファッション低所得者、齋藤。
・齋藤さんヤブ歯医者に通院する。

・中村手芸店『危なかった話で賞金をゲットせよ』

・エンディングトーク
・活動告知













produce by gagagaproject:制作スタッフ
posted by ガー×3! at 00:40| Comment(0) | 配信報告【Dのココが聴き処】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月04日

第303回は「中村涼子×パイナップリン齋藤 第1戦♪」




2018年ですね!!!
今年も宜しくお願いします。




本年もご贔屓に♪
ガー!ガー!!ガー!!!×RADIOです。







さて、
この記事は、
ワタクシ番組ディレクターの にっしんが、
番組の最新配信回を駄文とともにお届けする。
そんな週に1度のペースで更新する記事だったのですが、
今回のタイトルは、303回となっております。


そうです。
超絶 滞納しております。




これから不定期のペースで、
ちょっと前のガー!ガー!!ガー!!!×RADIOの
聴き処、こぼれ話などなど、
それ、最新回配信始まった時に言ってくれや。
という、情報を小出しにしていければと思います。


目標は、今月中に追いつく。


以前にも書きましたが、
滞納するくせに妙にキチっとしていて、
年を越してリセットして仕切り直したりできたら、
楽な性格なのですが、意地でも1個ずつ潰していきますので、
よかったらお付き合いください。






番組の注目ポイントを
番組制作のディレクターの僕にっしんからご紹介。


【D(ディレクター)のココが聴き処】





案の定ですけど、
あぁ〜303回ね。
なんてスラスラスラ〜とは出てきませんわぁ。

アーカイブでさかのぼって、
楽しんでまいりました。




第303回のMCは?!
“中村涼子”



IMG_1395.jpg
▲かなり前に感じてしまう。




さぁ、この回は、
中村涼子MC回のアシスタントとして、
パイナップリンの齋藤高広さんが登場の、
仲良しタッグでお届けしておりますが、
オープニングトークは、
涼子さんが出た舞台からの舞台話でした。
2人の独自のポジティブ論ーネガティブ論。
THE Wが始まるよ〜って話。

すごく抜粋しておりますが、
めちゃめちゃこの2人しゃべくり倒すもんだから、
放送の半分をオープニングトークに割いております。




ほんと、原稿のしょっぱな5行くらいしか書いてないところで、
永遠とトークの拾い食いが始まって、
そのまま広がりに広がり、落ち着いたかと思ったら、
原稿に目を落とし、原稿通りに進行しようとする。

すると、オープニングでパンパンになります。




そして、
当時の収録日に涼子さんが遅刻してる間に、
齋藤さんに問題を考えてもらった、
即興大喜利もありますよ。

齋藤さんによる涼子さんへのお笑い講座が受講されます。






ちょっと忘れてから聴くと、
ふざけ倒してんなーこの配信www







第303回:ガー!ガー!!ガー!!!×RADIO(中村涼子MC回)
iTunes版:https://goo.gl/8UZCco
YouTube版:https://youtu.be/TPKbDt7M7h0





今週のこんだて

・中村涼子×パイナップリン齋藤
・舞台論
・齋藤さんによって闇深くなっていく涼子さん

・今日考トーク『パイナップリン齋藤エディション』

・エンディングトーク
・活動告知













produce by gagagaproject:制作スタッフ
posted by ガー×3! at 01:54| Comment(0) | 配信報告【Dのココが聴き処】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする