番組タイトルバナー.png
▲鶴弥 耐える男たち
(ウラシマンタロウ出演CM/カンヌ広告祭シルバー受賞作品)

2013年02月05日

ウラシネマスコープ:第13幕 「テッド」



さぁ、日本アカデミー賞の各部門はどの作品に?
そして海の向こうの本場のアカデミー賞も気になるところ。


映画界から目が離せないっ!!!



そんな映画漬けの日々を過ごしている映画ファンの方、ごきげんよう。


MC浦島こうじの映画に対する真摯な姿勢が言葉から溢れ出る!?
聴くシネコン。映画コーナー

【ウラシネマスコープ】


現在配信中の現在podcast&ニコニコ動画&YouTubeで
余す事無く堪能出来る、第58回のガー!ガー!!ガー!!!×RADIOにて、
全力配信継続中ですので、是非とも町内の掲示板にでも報告して頂ければ。




さ。
なにげに今年のコーナーとしては1発目。
そして、新たな年に新たな出会い。
コーナー初めての、映倫区分。R15+がついた作品を取り上げます。





今回のピックアップ映画は、コチラ!!




〈テッド〉




▲映画『テッド』 - R指定予告編 (日本語字幕)


監督:コメディアンや声優として活躍してきた セス・マクファーレン初監督作品
キャスト:マーク・ウォールバーグ
     (テッド:声)セス・マクファーレン、日本語吹き替え版:有吉弘行

上映時間:106分
映倫区分:R15+



マーク・ウォールバーグ扮する中年男と、
禁止用語を連発するテディベアの交流を描いたコメディ。
全米ではR指定ながらも、興行収入2億ドルを超える大ヒットを記録。

1985年のクリスマス、ボストンに住む8歳の少年ジョンは星に願いをかける
プレゼントに貰ったクマのぬいぐるみ“テッド”が
友達になってくれるようにと…。
すると、奇跡が起こり、テッドがしゃべれるようになった!!!

それから27年がたち、すっかり中年になったジョンと、
見かけは変わらないが中身がすっかりオヤジ化してしまったテッド
そんな2人??のお話。






いかがでしょうか?
皆さんは観られました?or観たくなりました??




非常に、あらすじを観るだけでもパロディ感のある。
コントの設定に近いような題材でして。
さらにコメディ映画なんて言い方をされるもんですから、

映画好き+プロの芸人である「浦島こうじ」の論評から致しましても、
なかなか、厳しい意見も飛び出す内容ではございましたが、
まだまだ根強い人気で放映中の映画館も多い作品でして、
さらにDVD化され、レンタルが解禁になったら、
またひとたび人気に火が点きそうな作品ですし、
浦島さんの話す映画のポイントの1つ1つが、
非常に観てみたい。作品を自分の目で見せたくさせるような内容ばかり。



是非、皆さんウラシネマスコープを聴いてみて、
クマのぬいぐるみがスクリーンを躍動するシネマを観ては如何でしょう??





コーナーの感想。
そして、次回の浦島への映画鑑賞リクエスト。
みなさんのアカデミー賞予想など、勝手きままに送りつけて下さい。
質問などの普通メールも募集中。




番組mail:gagagaradio@gmail.com でお待ちしております!!








produce by gagagaproject;制作スタッフ
posted by ガー×3! at 23:58| Comment(0) | ウラシネマスコープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月04日

ウラシネマスコープ:第12幕 「特別編:ウラデミー賞2012」



生まれ変わったら、
わたしは映画のフィルムになりたい。



そこまで思い詰めちゃった映画ファンの皆様ごきげんよう。



MC浦島こうじの映画に対する愛が爆裂トークとなって表れるコーナー?
聴く映画パンフレット。月に1度のシネマタイム。

【ウラシネマスコープ】





現在podcast&ニコニコ動画&YouTubeで配信中の
ガーガーガーの最新放送でお楽しみになれる映画レビューコーナーですが、

今月で2012年のウラシネマスコープのクライマックスということで、
今回はちょっとプチ企画で盛り上がりました!!



浦島こうじセレクション!! 今年の映画3傑を決定!!!
その名も

“ウラデミー賞2012”





読んでのニュアンスのごとく、
アカデミー賞のように映画を各部門にわけて素晴らしかったモノを
表彰していこうっ!!そんな企画でございますが、

本家と違って、自由奔放な部門賞を制定しておりますので、
ラインナップをご紹介しましょ〜〜。




【面白かったけど、エェ!?
どんな内容だったっけ?】部門



〈ダークナイト ライジング〉





▲ダークナイト ライジング 新予告編


監督:クリストファー・ノーラン
キャスト:クリスチャン・ベール/マイケル・ケイン
ゲイリー・オールドマンアン・ハサウェイ
トム・ハーディ/マリオン・コティヤール
     ジョセフ・ゴードン=レビット/モーガン・フリーマン 他
上映時間:165分


クリストファー・ノーラン監督による
「バットマン ビギンズ」「ダークナイト」に続くシリーズ完結編。
「ダークナイト」から8年後を舞台に、
ゴッサム・シティを破壊しようとする残虐な殺し屋ベインと戦い、
謎に包まれたキャット・ウーマン/セリーナ・カイルの
真実を暴くブルース・ウェインの姿を描く。





アメコミの金字塔バットマンですねぇ。

今年の映画のなかでも注目度そして評価も高い作品ですが、
この度はウラデミー賞独り実行委員の浦島さんから、
【面白かったけど、エェ!?どんな内容だったっけ?】部門という
おそらくは不名誉な賞を勝手におくりたいと思います!!

本人曰く、スゲェ面白かったケド内容は全く憶えていないに等しいそうで。

でも、それは逆をいえば、
「ココをこう話そう。」だとか。
「この部分を注目してもらいたいな。」みたいな雑念がなく。
ただ純粋に映画を楽しんだともいえるんじゃないでしょうか?

映画館のお客としては、それもまた1つの最高のお客さんの1人ですよね。


僕、番組ディレクターのにっしんも先日、
銀座博品館劇場でバカリズムさんの単独公演「バカリズム案」を
観てきましたが、凄い楽しくて最高だった。のは憶えていますが、
内容は、ヒトに全く話せない。明確に何がってのが思い出せない。


ヒトって案外、のめり込みすぎると。
憶える憶えとくとかは、後回しになるのかもしれませんね〜〜。




同じ様にダークナイト ライジングの内容がかすりもしない記憶の方々は、
早くもDVDも発売されたようなので、
是非、二度三度と見返して海馬に刷り込みましょう。









続いての受賞作品はコチラ!!!


【人を何だと思ってんだ】部門


〈エクスペンダブルズ2〉



▲映画『エクスペンダブルズ2』予告編


監督:サイモン・ウェスト
キャスト:シルベスター・スタローン/ブルース・ウィルス
     アーノスド・シュワルツェネッガー
     チャック・ノリス/ジェット・リー/
     ジャン=クロード・バンダム 他、超豪華スター陣
上映時間:102分


シルヴェスター・スタローンを筆頭に、
アクション・スターが一堂に会した超大作の続編。
墜落機からのデータボックス回収を引き受けた傭兵部隊
エクスペンダブル-ズが、それを機に旧ソ連軍の
埋蔵プルトニウムをめぐる壮絶な戦いに巻き込まれる。




先月の前回の浦島こうじ×ガー!ガー!!ガー!!!で
ゲストのカブトムシゆかりさんと生命の重みについて盛り上がった。
今年のアクション大作映画の1本。

詳しくは今週の放送と、先月の浦島回。第45回を聴いて頂きたいんですが、
まとめて言うと、派手に無駄に人がジャンジャン死んでいくよ。


「生命のワゴンセール」が絶賛実施中。




爽快なアクションと共に、
こんなに人間簡単に死んじゃイカンとも思ってしまいます。
観る人によっと、映画は色んな見方が出来ますよねー。









続きましてーーー。ラストを飾る部門賞は!?



【三池崇史ありがとう】部門


〈三池崇史〉


c31d604ae66cc03c53521b08c624c7ac.jpg
▲この部門賞の受賞は当然っちゃ当然?三池崇史監督。





2012年。浦島さんを1番楽しませてくれた映画監督。
三池崇史監督にウラデミー賞を捧げますっ!!!

その中でも今回、トークの中心となったのが、
“悪の教典”



▲【危ない予告編】悪の教典


監督:三池崇史
キャスト:伊藤英明
     吹越満/二階堂ふみ/染谷将太/林遣都/山田孝之
     KENTA(ダルビッシュ賢太)他、多くの生徒キャスト
上映時間:129分


伊藤英明が主演。生徒から慕われ、
学校やPTAからの評価も高い高校教師・蓮実聖司(ハスミン)は、
教師の鑑ともいうべき表向きの顔とは別に、
他人への共感能力をまったく持ち合わせていない、
生まれながらのサイコパス(反社会性人格障害)という顔があった。
いじめ、モンスターペアレンツ、セクハラ、淫行など問題だらけの学校で、
自らの目的を達するため、躊躇なく殺人を繰り返していく。
しかしある日、ささいなミスを犯してしまった蓮実は、
それを隠匿するためクラスの生徒全員を惨殺することを決める。




学校の生徒の頼れる味方、ハスミンvs2−1生徒40人。


浦島さんの独自の視点も相まって、
非常にエンタテインメント的に注目の1作となっております。
まだまだ上映中。
お近くの映画館でご覧になるのも良し。
刺激が強いのでDVDで自分のペースで楽しむのも良し。






というわけで、
今回のウラシネマスコープは特別企画「ウラデミー賞」として
駆け足ですが3作の映画を紹介しております。(ウチ1作品は人物ですが)


是非とも、まだ聴いた事ないよっってかたは、
ガー!ガー!!ガー!!!×RADIOの本編もお楽しみ下さいませっ!!!





コーナーの感想。
そして、来年の新年1発目の次回の映画鑑賞リクエスト。
浦島に観て来て!!って映画。紹介して頂けると即劇場です。


番組mail:gagagaradio@gmail.com でお待ちしております!!








produce by gagagaproject;制作スタッフ
posted by ガー×3! at 23:33| Comment(0) | ウラシネマスコープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月06日

ウラシネマスコープ:第11幕 「エクスペンダブルズ2」+α



1にシネマ。
2にシネマ。



3、4が無くて。


5にもシネマを愛するみなさん、ごきげんいかがでしょうか??




MC浦島こうじの映画に対する愛が深過ぎて溺死しちゃう程!?
の聴く映画パンフレット。映画コーナー

【ウラシネマスコープ】




現在配信中の第45回のガー!ガー!!ガー!!!×RADIOにて、
絶好調配信中ですので、是非ともご近所、親戚回りにも薦めてみて下さい。



さて、
今回はゲストとしてカブトムシゆかりさんが遊びに来て頂いたので、
この映画コーナーにも、カブトムシさん普通に出演。

DVDばかりで、劇場には足はなかなか運ばないというものの。
浦島さんに負けず劣らずの映画愛をお持ちのゲストと、
本日のウラシネマスコープは盛り上がっちゃいました!!!



今回のピックアップ映画は、コチラ!!




〈エクスペンダブルズ2〉



▲【映画】『エクスペンダブルズ2』予告編2



監督:サイモン・ウェスト
キャスト:シルベスター・スタローン(66)
     ブルース・ウィルス(57)
     アーノスド・シュワルツェネッガー(65)
     チャック・ノリス(72)/ジェット・リー/
     ジャン=クロード・バンダム 他、超豪華スター陣
上映時間:102分



シルバスター・スタローン監督、脚本、主演のもと、
新旧アクションスターが終結し話題を呼んだ
前作「エクスペンダブルズ」の続編。
今回の2はスタローンは役に専念する為に監督はサイモン・ウェストが就任。
自らを「消耗品(エクスペンダブルズ)」と名乗る傭兵集団と、
凶悪の武装集団との戦闘シーンが必見のド派手なアクション映画。






と、いうわけで。
コーナーとしても久しぶりの洋画は、
分かり易い位のアクション映画です。


アクション映画シリーズでは、もうこの3人をおいて話す事はできない。
そんな、ビッグな3人。
スタローン、ブルース・ウィルス、シュワちゃんの揃いぶみ。

大スターのアクションシーン、
そして3人が並んで銃をぶっぱなしている映像は爽快そのもの。




しかし、


しかし、浦島さんには。
どーしても気になる。解決しておくべき懸案事項が、
このエクスペンダブルズ2にはあったのです。



342015view002.jpg
▲ひゃ〜かっっちょ良いとしか言いようが無いですねー。




そして、
折角ゲストに来てもらってるんだし、
虫ドルのカブトムシゆかりさんに寄った映画も紹介したい。

と「バグズライフ」を用意してみたものの、
なかなかの虫サイドの意見での否定っぷりの爽やかなNGが出たので、
急遽のカブトムシゆかりさん一押しの映画へと差し替え!!!





〈妖怪ハンター ヒルコ〉




▲映画『ヒルコ 妖怪ハンター』 予告篇



監督:塚本晋也
キャルト:沢田研二/工藤正貴/上野めぐみ
製作年:1991年
配給:松竹富士



稗田礼二郎は考古学の新進気鋭の学者として知られていたが、
ある学説を唱え始めてからは、その存在は忘れ去られようとしていた。
そんな稗田のもとへ、古代人が造った古墳を発見したという手紙が届く。
さっそく現地へと向かう稗田だったが、
教え子の令子と共に謎の失踪事件に遭遇。
不思議な雰囲気に包まれ、何やら得体の知れない生物が徊回、
そこには血の海とおぞましい首なし死体があった。
彼らの恐怖感がつのる中、静かな女の歌声が聞こえてくる。
しかし、前に現れたのは、首だけの妖怪ヒルコとなった令子の姿だった。









B級感がハンパね〜〜。





うさんくささ、そして日本映画のホラー技術の高さ。
なにより薄気味悪さと、軽く説明を超越している世界観。


これは、レッツレンタルな一品。



ミニコーナーのテンションで紹介していますが、
あまりにもインパクトが強過ぎて記憶に残ってきちゃうので、
皆様も第45回の放送内のコーナーでチェック。

podcast、ニコニコ動画、YouTubeで第45回の放送の、
コーナー内でお楽しみいただけますよ〜。




コーナーの感想。
そして、次回の浦島への映画鑑賞リクエスト。
カブトムシゆかりさんとは11月21日(水)に
新宿のロフトプラスワンでトークイベントで一緒にワイワイしますので、
そこに向けてのメッセージ、質問などの普通メールも募集中。




番組mail:gagagaradio@gmail.com でお待ちしております!!








produce by gagagaproject;制作スタッフ
posted by ガー×3! at 23:56| Comment(0) | ウラシネマスコープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月09日

ウラシネマスコープ:第10幕 「踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望」&「鍵泥棒のメソッド」



朝晩の冷え込みかたが尋常じゃなくなってきましたね。
油断してたら、即風邪っぴきコースですよ、みなさん。



ホームページをお楽しみの際は暖かくしてお楽しみください。





マジで涼しいを通り越し始めた、この季節。
恋愛映画で心を“ほっこり”と。
スポコン映画で情熱の炎を燃やして頂いて。



そんな、映画ライフを応援するガー!ガー!!ガー!!!×RADIOの映画コーナー。



『ウラシネマスコープ』




MCは、お笑いコンビ、マザーのつっこみであり。
当番組のシネマプロフェッサー「浦島こうじ」


今回で、2ケタ回。
第10回を数える。ちょっとよそとは雰囲気も内容も一風変わった、
映画愛の溢れたコーナーでございますが、

祝。2ケタの10回目をコーナーが迎えるということで、
これから、3ケタ。4ケタ。5ケタを目指すべく。


ちょっと、スペシャルっぽく。
豪華邦画2タイトルを総力レビュー!!!




「踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望」
「鍵泥棒のメソッド」




ケイドロ.jpeg
▲2つ同時にご紹介しました!!!



平成の刑事もの作品の金字塔。「踊る」シリーズの完結編。
そして、風呂屋でロッカーの鍵を泥棒する事で始まる物語。

この2つの、「警察」「泥棒」を舞台にした映画で、



ケイドロをいたしましたっ!!!




なんのこっちゃ、良く分からない。
って方は、是非。現在配信中の第41回のガーガーガーを
これでもか!!と聞いて頂ければ幸いではございますが、

ここで、ケイドロについて。今一度ご説明を。



鬼ごっこの一種。警察役と泥棒役のグループに分かれ、
警察は泥棒を追いかけてつかまえる。
つかまえられた泥棒は牢屋(ろうや)と称する場所やゾーンに
留め置かれるが、他の泥棒にタッチされれば逃げ出すことができる。
逆読みでドロケイということもある。
警察が泥棒チームを全員捕まえる以外の終了方法が曖昧なゲームです。








みなさま。ケイドロ思い出しましたか??
あの、ちょ〜面白いヤツです。



それを、映画で出来ないかなぁ。
そんな飽くなき挑戦のウラシネマスコープ。



モチロン詳しい映画の話もしておりますよ。




【踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望】



▲映画『踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望』予告編



監督:本広克行
キャスト:織田裕二/深津絵里/ユースケ・サンタマリア/柳葉敏郎
     伊藤淳史/内田有紀/小泉孝太郎/北村総一朗/小野武彦
     斉藤暁/佐戸井けん太/水野美紀/真矢みき/筧利夫
     小栗旬/香取慎吾/大和田伸也/大杉漣  等、超豪華俳優陣
上映時間:126分
主題歌:織田裕二






いまさら僕の口から説明するのも野暮なくらいの大ヒットドラマの劇場版。
日本の実写映画興行記録を打ち立てたシリーズ最終作。
湾岸署管内で開催中の国際環境エネルギーサミット会場で誘拐事件が発生し、
被害者が射殺体で発見される。緊急招集された捜査会議では、
すべての捜査情報を鳥飼管理官に文書で提出するという異例の義務が課され
所轄の捜査員は一切の情報を開示されないまま捜査を進めなければならない。
そんな中、第2、第3の殺人事件が立て続けに発生し……。






ま。ここまでくればオチがどーなるのか。
そこにつきますよね。
15年前にドラマシリーズが始まって。
テレビドラマスペシャルや、劇場版を重ねていき遂に完結作。
とにかく、1つの大きなものが終焉する、
その中身が1番気になる。何をおいてもそこに尽きると思います。








コチラ、警察サイドの映画としてご紹介。
そして、泥棒。




【鍵泥棒のメソッド】




▲映画『鍵泥棒のメソッド』予告編


監督:内田けんじ
キャスト:堺雅人/香川照之/広末涼子
     荒川良々/森口瑤子/小山田サユリ/木野花/小野武彦
上映時間:128分
主題歌:吉井和哉





「運命じゃない人」「アフタースクール」の内田けんじ監督が、
人生が入れ替わってしまった売れない役者と凄腕の殺し屋が
巻き込まれる騒動を堺雅人主演で描く喜劇。
35歳でオンボロアパート暮らしの売れない役者・桜井は、
銭湯で出会った羽振りのよい男・コンドウが転倒して
記憶を失ってしまったことから、出来心で自分とコンドウの荷物を
すり替え、そのままコンドウになりすます。






わぁぁぁあ。まんま、コントみたいな設定だぁ!!!
これぞ、喜劇。すり替わり、アベコベで巻き起こる珍道中。
実力派の役者陣ですし、内容もポップ!!
もしも他人の人生を、するりと入れ替わり体験する事が出来たら。
そんな、妄想の経験がある方々なら、ワクワクしちゃうに決まってる。







見どころたっぷりの素晴らしい2タイトルですが、

でも。
この2つを、しっかりと特集しつつのケイドロ。

映画顔負け??
の衝撃のラストをみなさまの耳で確かめよっ!!!

podcast、ニコニコ動画、YouTubeで第41回の放送の、
コーナー内でお楽しみいただけますよ〜。




コーナーの感想。
そして、次回の浦島への映画鑑賞リクエスト。
浦島に観て来て!!って映画。紹介して頂けると即劇場です。


番組mail:gagagaradio@gmail.com でお待ちしております!!








produce by gagagaproject;制作スタッフ
posted by ガー×3! at 23:33| Comment(0) | ウラシネマスコープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする