番組タイトルバナー.png

2012年09月04日

ウラシネマスコープ:第9幕 「桐島、部活やめるってよ」



あなたのまわりには、
秋は少しずつでもやってきていますか??


まだまだ、バカみたいにクソ暑い日々ではありますが、
直ぐそこまで、角曲がった辺りまで来ているハズの秋へ向けて。

芸術の秋。
映画なんて如何でしょうか?




ガー!ガー!!ガー!!!×RADIOが誇るシネマコメンテーター
マザーの浦島こうじがMCで見どころに迫る映画コーナー

『ウラシネマスコープ』



「エフエムさがみ」では先行配信として毎週木曜夜10時から、
そして配信は毎週土曜にpodcast&ニコニコ動画&YouTubeで
大体、浦島さんのMC回。月に1本のペースで企画をやってますので。

聴いた事ないよっ!!!


ってお客さんは、是非。





んじゃ。今回浦島さんが自分の足で財布を握りしめ観て来た
映画の中から、これぞ!!という1本を
皆さんにも是非とも共有、共感すべく大いに映画愛を語ったのは


【桐島、部活やめるってよ】



▲映画『桐島、部活やめるってよ』予告編


監督:吉田大八
キャスト:神木隆之介/橋本愛/大後寿々花
     前野朋哉/岩井秀人 他多数。。。




田舎町の県立高校で映画部に所属する前田涼也は、
クラスの中では静かで目立たない、最下層に位置する存在。
監督作品がコンクールで表彰されても、
クラスメイトには相手にしてもらえなかった。
そんなある日、バレー部のキャプテンを務める桐島が
突然部活を辞めたことをきっかけに、
各部やクラスの人間関係に徐々に歪みが広がりはじめ、
それまで存在していた校内のヒエラルキーが崩壊していく。






ハーイ。
今回は映画タイトルだけでは、実際ストーリーが
どっちの方向へ進んでいくのかが見当もつかない、
とっても気になる映画。「桐島、部活やめるってよ」です。

作品の説明文でもありますとおり。頼りになる?であろう青年。
桐島クンが突如、部活を辞める。そんな学校内を揺るがす
ビックニュースが飛び交う学校を舞台にした青春群像劇。


学校という小さな社会の中では、大事件なデキゴト。



main_large.jpg



神木隆之介クン演じる前田の校内での取材などで
桐島の周辺の人物の話しから浮かんでくる桐島という人物像。



そぅ。



この映画に「桐島」は登場人物として。キャラとして、
明確には出て来ません。
まわりの話しでばっかし出て来ます。
それで分かって来る人物像。



そして、
浦島さんが感銘を受けて話し始める悲しい学校実話ストーリー

『浦島、部活やめろってよ』


へとコーナーは急展開していきます。
映画のレビューや、批評コーナーでは、こんな事にはならない。
当番組ならではの前衛的な切り口でお届けしますっ!!!



是非、気になる内容は、現在配信中の第36回の
ガーガーガー内のコーナー「ウラシネマスコープ」で♪



コーナーの感想。
そして、次回の浦島への映画鑑賞リクエスト。
浦島に観て来て!!って映画。紹介して頂けると即劇場です。


番組mail:gagagaradio@gmail.com でお待ちしております!!





produce by gagagaproject;制作スタッフ



posted by ガー×3! at 23:57| Comment(0) | ウラシネマスコープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月07日

ウラシネマスコープ:第8幕 「アメイジング・スパイダーマン」



サマーバケーションは、
映画館でバケツサイズのポップコーンとコカコーラ。


そして、映画館への行き帰りは、
ガー!ガー!!ガー!!!×RADIOの映画コーナー

『ウラシネマスコープ』



を楽しんでいただければ幸いデス♪

エフエムさがみ、podcast&ニコニコ動画&YouTubeで
聴ける耳から入って来る本格派??シネマ企画コーナーです。


今回も、浦島さんが自分の足で財布を握りしめ観て来た
映画の中から、これぞ!!という1本を
皆さんにも是非とも共有、共感すべく大いに映画愛を語ったのは


【アメイジング・スパイダーマン】




▲映画『アメイジング・スパイダーマン』予告編


監督:マーク・ウェブ(500日のサマー)
キャスト:アンドリュー・ガーフィールド/エマ・ストーン
     リス・エバンス/デニス・リアリー/キャンベル・スコット
     マーティン・シーン/サリー・フィールド 他


サム・ライミ監督の「スパイダーマン」3部作シリーズから
スタッフ、キャストを一新してリニューアル。





つーことで、スパイダーマンのリブートされた作品。
アメイジング・スパイダーマンを特集!!!
ダークナイト ライジング、近日にはアベンジャーズと
アメコミヒーローのハリウッド映画が続々と登場する中、
一足さきに日本に上陸したスパイダーマン。

ダークナイト、バットマンがアメリカでは大人気だろうと、
アベンジャーズが興行収入を軒並み塗り替えるヒットをしていようが、
ここが日本である以上、
スパイダーマンを超えるアメコミヒーローはいないと思う。


そんだけ、サムライミ監督のスパイダーマンがイメージにある中。
モチロン、シリーズ全てを観ている浦島さんは、
リニューアルされた蜘蛛男をどーとらえたのか??




答えは、第32回放送のガーガーガーの本編。
ウラシネマスコープで、たっぷりと。



df-06775_rv7_large.jpg
▲今回のスパイダーマンはシュッとしてる感じがする。



そう、たっぷりとやりたいものの。
映画館で最後まで、迷いに迷ったという。



あのお方の作品。


sub2_large.jpg
▲ヘルタースケルター



沢尻エリカ主演。
「ヘルタースケルター」






コチラも、どーしても気になる。
というか、気になり過ぎてスパイダーマンのトーク中に
ちょっと、沢尻様に引っ張られています。



非常に人間的。
非常に分かり易い。




そんな、映画コーナー。是非、御拝聴の程を。




コーナーの感想。
そして、次回の浦島への映画鑑賞リクエスト。
浦島に観て来て!!って映画。紹介して頂けると即劇場です。


番組mail:gagagaradio@gmail.com でお待ちしております!!






produce by gagagaproject;制作スタッフ
posted by ガー×3! at 23:52| Comment(0) | ウラシネマスコープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月10日

ウラシネマスコープ:第7幕 「愛と誠」


ようこそ!!!


このページでは、
現在配信中の、podcast&ニコニコ動画&YouTubeで
観られる最新回。第28回のガーガーガーの中の1コーナー。

映画コーナー
「ウラシネマスコープ」


での補足説明をいたしますよっ!!!





聴いてる人も、まだ聴いてない人も。
良いシネマライフをお送り下さい。



さっそくですが、
今回のウラシネマスコープ第7幕は、
コーナー史上、最も作品を褒めちぎっております!!






なんてったって。

今回のウラシネマスコープは
2人掛かりですからね♪





今回は、ゲストの加賀クンと一緒に観に行ったらしい。
こちらを特集。



【愛と誠】




▲映画『愛と誠』予告編


監督:三池崇史(「十三人の刺客」「クローズZERO」など)
原作:梶原一騎
キャスト:妻夫木聡、武井咲、斉藤工、大野いと、安藤サクラなど
上映時間:134分




西城秀樹主演で映画化もされた梶原一騎原作の同名コミックを、
三池崇史監督が新たに映画化。
1972年の新宿。良家の令嬢・早乙女愛は、
幼い頃に危機を助けられた少年・太賀誠と運命的な再会を果たす。
札付きの不良となっていた誠を更正させようと
献身的に尽くす愛は、誠の後を追って
不良の掃き溜めといわれる花園実業に転入。
やがて学校全体を巻き込んだ大乱闘へと発展していく。







浦島&加賀両者が絶賛。


映画好きの二人が太鼓判を押すこの作品。
もちろん三池監督の作品らしさが十分に出た作品となっていて、
西城秀樹で大ヒットした同作品を、どうアレンジするのか。


その答えの1つはミュージカル!!!




スクリーンで繰り広げられる、
感情の高ぶり、気持ちを表現するダンス&ボーカル!!!





そして、太鼓判を押し。
評価をしている、2人の口から絶えず発音される。








「ふざけている」





という言葉。
あまり良い表現。良い意味で使われる言葉ではないですが、
この作品を楽しむうえでは重要な言葉となってきます。

良い、おふざけ。


是非ともスクリーンで体験してみて下さい。



poster.jpg
▲愛と誠




たしかに、劇場で観る迫力。
息をのむ乱闘シーンなど、楽しめますが。


大画面の巨大スクリーンだからこそ面白い、
足を運んで劇場で観るべき、ふざけっぷりがあると思います。




コーナーの感想。
そして、次回の浦島への映画鑑賞リクエスト。
浦島に観て来て!!って映画。紹介して頂けると即劇場です。
次回は夏休み映画特集!?

番組mail:gagagaradio@gmail.com でお待ちしております!!






produce by gagagaproject;制作スタッフ
posted by ガー×3! at 23:56| Comment(0) | ウラシネマスコープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月05日

ウラシネマスコープ:第6幕 「虹色ほたる」&チョイ「ダーク・シャドウ」


明日は、いよいよ選挙の開票日!!!




AKBのね!!!!





ささ。
そんな、AKB総選挙の話題は現在配信中の放送の方で、
これでもかっ!!!ってくらいに悩み、迷い、熱く語っておりますので、

まだ、そんな奇妙の放送は耳に入ってきてないよー。

って方がいらっしゃいましたら、
ポッドキャスト、Youtube、ニコニコ動画で
第23回聴いてみて下さい。




話し手は、
『浦島こうじ』


IMG_1053.jpg
▲スカイツリーにも浮かれている写真。




そんな、第23回は。
AKB48の話しだけをやっているわけではございません。


『ウラシネマスコープ』



パーソナリティ浦島こうじが、
シネマ芸人として。映画愛に溢れつつも卑屈な性格が垣間見える
番組唯一の映画特集コーナーでゴザイマス。


映画も存分に話しました。


今回、存分に紹介した作品はコチラ!!!





【虹色ほたる 〜永遠の夏休み〜】




▲映画『虹色ほたる 〜永遠の夏休み〜』予告編映像



監督:宇田鋼之介
原作:川口雅幸
脚本:国井桂
キャスト:武井証、木村彩由実、新田海統、櫻井孝宏、
     能登麻美子、中井和哉、大塚周夫、石田太郎

主題歌:松任谷由実





ご覧下さい。このノスタルジックな映像!!
そして、告知篇の最後でもあるように、
「それでも、こどもたちは今を生きる」
のメッセージ!!!!





嗚呼。青春。
嗚呼。夏休み。





そんな、

夏休みが来てからでは遅い。遅過ぎる。
夏休みをこれから迎えるにあたっての、コノ季節に
是非とも観ておきたい。そんな映画。

そー浦島さんが表現する、虹色ほたる。
詳しい内容は、放送で。そして良ければ劇場で。




original.jpg
▲ご覧下さい。この何ともいえぬ画風。




各自でなんらかを、感じ。
その感情は夏まで大事に持っておいて下さい。


そんな、映画です。






そして、放送では、
2本だての予定で、


ティム・バートンとジョニー・デップの黄金タッグの
8度目のタッグ映画作品。
豪華キャストでお送りする今、注目の作品。



【ダーク・シャドウ】



original-1.jpg
▲お馴染み白塗りジョニー・デップ!!!




コチラの注目作品もガッツリ&シッカリ紹介する予定でしたが、

虹色ほたる、しゃべくり過ぎ。
時間を軽く大幅にオーバーいたしましたので、

ダーク・シャドウはコンパクトにまとめて紹介。




▲映画『ダーク・シャドウ』予告編



監督:ティム・バートン
原作:ダン・カーティス
キャスト: ジョニー・デップ、
     ミシェル・ファイファー、ヘレナ・ボナム・カーター、
     エバ・グリーン、ジャッキー・アール・ヘイリー、
     ジョニー・リー・ミラー、
     クロエ・グレース・モレッツ、
     ベラ・ヒースコート、ガリバー・マクグラス、
     クリストファー・リー、アリス・クーパー  などなど





こちらの予告編。
2分をオーバーしている予告編としても大作ですが、
番組内では予告編を大幅にショートする30秒足らずの
駆け足、映画レビュー!!!

忙しい人の為のダーク・シャドウ


やっておりますので、
コチラも是非、お楽しみ下さいませ。




コーナーの感想。
そして、次回の浦島への映画鑑賞リクエスト。
浦島に観て来て!!って映画。紹介して頂けると即劇場です。

番組mail:gagagaradio@gmail.com でお待ちしております!!






produce by gagagaproject;制作スタッフ



posted by ガー×3! at 23:55| Comment(0) | ウラシネマスコープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。