番組タイトルバナー.png
▲鶴弥 耐える男たち
(ウラシマンタロウ出演CM/カンヌ広告祭シルバー受賞作品)

2012年09月20日

なちゅき♪の世界のココに行ってみたい♡:第7回



ガーガーガーを聴いてくれているあなたも、
そーじゃない方もガーガーガーオフィシャルブログへようこそ!!


番組作家のなちゅき♪でございます。


もう9月も終盤だというのにまだまだ暑いですね。
前回のナガヨシWalkerではそんな残暑にオススメのスポットを
紹介しておりますので、
ぜひぜひ聴いて「耳で楽しむ涼」を体験してみてください!!


さて!今週のせかココスポットはコチラ!!!


%E3%83%90%E3%83%AB%E3%82%BB%E3%83%AD%E3%83%8A.jpg



「バルセロナ」です!!

バルセロナといえばやっぱりFCバルセロナ!!




%E3%83%90%E3%83%AB%E3%82%B5.jpg



バルサの愛称で親しまれ現在、黄金期を迎えている
世界最強のサッカークラブのひとつ!
ホームスタジアムの「カンプ・ノウ」は観客が10万人も入るそうな!!
ワタクシが高校生の頃の


%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%BC%E3%83%88.jpg


クライファート



%E3%82%B5%E3%83%93%E3%82%AA%E3%83%A9.jpg



サビオラ
ツートップ時代がやけに懐かしく感じる、そんなお歳頃です♪

でもそんなサッカーの話しはディレクターのにっしんにお任せして
さっそくバルセロナに旅立ちましょう!!


まずハズセないのがコチラ!!



%E3%82%B5%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%80%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%9F%E3%83%AA%E3%82%A2.jpg



『サグラダ・ファミリア』


天才建築家アントニ・ガウディの未完の作品であるコチラは、
1882年に着工が開始されました。
現在も建築中で、かつては完成まで300年以上かかると言われておりましたが、
スペインの経済成長と入場料収入、さらには建築技術の進歩で
現在の完成予定は2026年と言われています!!


現在完成しているのは正門部分ではなく片面(東側)の
「生誕のファザード」です。
反対側(西側)には「受難のファザード」が作成中でございます



%E5%8F%97%E9%9B%A3%E3%81%AE%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%B6%E3%83%BC%E3%83%89.jpg


「受難のファザード」






%E5%AE%8C%E6%88%90%E4%BA%88%E6%83%B3.png


(完成予想はこんな感じ♪◯で囲ってある部分が現在できてるとこだよ♪)




コレホントにあと14年で完成すんのかよ!!って思ったそこのあなた!!
ワタシもそう思います!!


頑張れ!!外尾悦郎!!


%E5%A4%96%E5%B0%BE%E6%82%A6%E9%83%8E.jpg


(「誰だこのおっさん」って思った方はggrks!!)


あっそういえばバルセロナの場所伝えるの忘れてましたね(てへぺろ♪)
場所はスペイン北東部、地中海に面するカタルーニャ州の州都で
マドリードに次ぐスペイン第2の都市です。



%E3%83%90%E3%83%AB%E3%82%BB%E3%83%AD%E3%83%8A%E3%80%80%E5%9C%B0%E5%9B%B3.png


街並みはかつての城塞の趣きを感じされる旧市街と
碁盤の目のように張り巡らされている新市街。





%E3%83%90%E3%83%AB%E3%82%BB%E3%83%AD%E3%83%8A%E3%80%80%E7%A2%81%E7%9B%A4%E3%81%AE%E7%9B%AE.jpg


温暖な地中海性気候が特徴の歴史ある都市ですけど
詳しくはwikipedia見てね♪


ささっ本題に戻りましてバルセロナの見所について語っていきましょう!!

えっ?写真多いし?今回も長い??



ちょっそれはしょうがなくない??
だってねぇなかなか伝えきれないでしょうコレは・・・・



ってことでロンドンに続いてバルセロナも2部制とさせて頂きます!!
来週はあのヒトのとんでもない秘密が暴露されちゃうかも!?



%E3%82%AC%E3%82%A6%E3%83%87%E3%82%A3.png



ということで来週の
「なちゅき♪の世界のココに行ってみたい」をお楽しみに!!

旅サイコー!!







produce by gagagaproject;番組作家なちゅき♪
posted by ガー×3! at 23:38| Comment(0) | 世界のココに行ってみたい♡ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月15日

なちゅき♪の世界のココに行ってみたい♡:第6回



ご無沙汰しております!
ガーガーガーの水先案内人!なちゅき♪です!
ちょっと更新遅くなっちゃってすいませんね〜。
過ごしやすくなってきたんで寝入ってましたわ〜Yeah!

さてさて9月の第3週の「せかココスポット」
(※世界のココに行ってみたいスポットだよ!だいたい検討つくでしょうーが!)
はコチラ!!



%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%83%84%E3%82%A7.jpg



「フィレンツェ」でございます!


フィレンツェを紹介するにあたって忘れちゃいけない映画はやっぱり
『冷静と情熱のあいだ』ですかね〜♪
竹野内豊とケリー・チャンの、フィレンツェを舞台にした、10年にのぼる純愛を描いた作品は、
エンヤの「ふぁらうぇ〜ふぁらうぇ〜うぃえいぃえ〜」
相まってノスタルジックな雰囲気で、
マイフェイバリットムービーのひとつとなっております。


そんな素晴らしきイタリアが誇る
“天井のない美術館”フィレンツェ



をご紹介してまいりましょう!




場所はイタリア中部。ローマの北東に位置する内陸で、
古くから金融業・銀行業で栄えた地でございます。



securedownload.png



そんなフィレンツェのシンボルは・・・・





%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%BB%E3%83%87%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A3%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%AC%EF%BC%91.jpg



「サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂」



『冷静と情熱のあいだ』で印象的なシーンに使用されたこの場所は
1296から140年以上の
歳月をかけて建設されたドーム(ドゥオモ)型建築の最高峰です。

このドーム部分の屋上には昇ることができまして、
まわりに高い建物がないフィレンツェの街並みを一望することができます。




09.jpg



映画の中では二人が出会うシーンを空撮で撮影してますが
その美しい街並みとふたりが抱き合っているシーンは
日本映画史に残る
といっても過言ではないぐらい素晴らしいですよ!おすすめです!


さらに内部には美術館が併設されていて、
様々な美術品とバロック式の建築とをダブルで楽しめます。
フィレンツェに行った際はマストな観光地ですな!







次にご紹介するのが



securedownload-1.jpeg




「ポンテ・ヴェッキオ橋」アルノ側に架かる家付きの橋で



securedownload.jpeg



橋からせり出すように家がくっついています。
現在の橋の上は宝飾店や鞄などが売っていて、浅草の仲見世通りのような雰囲気です。


このポンテヴェッキオの橋上に回廊がくっついているのですが



%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%83%83%E3%82%AD%E3%82%AA%E6%A9%8B%E3%80%80%E5%9B%9E%E5%BB%8A-1.jpg



この回廊はフィレンツェを繁栄させたメディチ家だけが使える秘密の通路だった記憶が、
なんかのTVを見たときにやってたよ〜なやってなかったよ〜な。
まぁ気になったヒトは色々調べてくれ!
特にこのメディチ家に関してはフィレンツェを語る上でハズせない一家なので。
まぁ今回はあえて外すけど・・・・





ささっ次々!
続いてご紹介するのは・・・



securedownload-2.jpeg





%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%82%B9%E3%81%AE%E8%AA%95%E7%94%9F.jpg





「良くテレビとかで見る、有名な美術品!」



最初にも少し話しましたが、ここフィレンツェは“天井のない美術館”
街全体がルネッサンス期の栄華を色濃く残し、
そこかしこに美術品が点在しているのです。

写真で紹介したダビデ像やヴィーナスの誕生の他にも
現在、市庁舎として使われているのは「ヴェッキオ宮殿」と言いまして



%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%83%83%E3%82%AD%E3%82%AA%E5%AE%AE%E6%AE%BF.JPG




中にはダ・ヴィンチとミケランジェロの共作があったりします。



500%E4%BA%BA%E5%A4%A7%E5%BA%83%E9%96%93.jpg



「ダ・ヴィンチとミケランジェロの共作が見れるのはフィレンツェとミュータントタートルズだけ!」



そんな20代半ば〜30代前半にはたまらないキャッチフレーズが
ぴったりのフィレンツェ。


2日、3日と言わず1ヶ月ぐらい滞在してゆったりと街の歴史に触れてみたいものですね。



ではでは来週のせかココもお楽しみに!!



produce by gagagaproject;番組作家なちゅき♪
posted by ガー×3! at 05:20| Comment(0) | 世界のココに行ってみたい♡ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月06日

なちゅき♪の世界のココに行ってみたい♡:第5回




いつもガーガーガーHPにお越し頂きありがとうございます。
8月が終わりいよいよ9月に突入!
過ごしやすい旅の季節が来ましたね!

今回ご紹介する「せかココスポット」
(※世界のココに行ってみたいスポットだよ!もうそろそろこのかっこ消すよ!)は


コチラ!!



%E4%B9%9D%E5%AF%A8%E6%BA%9D.jpg



「九塞溝(きゅうさいこう)」でございます!


もうこれは説明いらず。不思議な青い水が広がる中国の湖水地帯です。
その息を呑むような絶景。
そして自然が創りだしたエメラルドグリーンの世界は訪れる観光客たちを圧倒するのだとか。


%E4%B9%9D%E5%AF%A8%E6%BA%9D2.jpg



もうこれ「ブルーハワイ?」ってぐらい青くないですか。
さすが中国恐るべしです。
尖閣あげるから九寨溝くれないですかね?

野田さん!この交換条件どうよ!


さてさて冗談はさておき(マジのクレームとかはやめてね)
九寨溝の説明に参りましょう。
場所は中国四川省の北部、山脈が連なり古くからチベット人たちが住む地


%E4%B9%9D%E5%AF%A8%E6%BA%9D%E3%80%80%E5%9C%B0%E5%9B%B3.png



その山の中の標高3400m〜2000mの地点、
総面積およそ6万ヘクタール
(北海道よりふた周りほど小さい広さだと思って!)の
広大な土地にこのような湖が大小100以上も点在しているんです。


さらにこのあたりは
ジャイアントパンダの生息地としても知られているので、
ラッキーな輩は九寨溝と野生の生パンダを
同時に見られるかもしれないのです!
(くそぅそんなヤツは九寨溝に落ちて中国人の警備のヒトに怒られろ!)




それではメッチャキレイな九寨溝の姿をしばしお楽しみ下さい





tc2.search.naver.jp.jpg




tc3.search.naver.jp.jpg




tc4.search.naver.jp.jpg




そんでもってこの九寨溝は「九寨溝の渓谷の景観と歴史地域」として
ユネスコに世界遺産として登録されているのですが、
そこから少し離れた場所にある、

「黄龍の景観と歴史地域」もオススメなんです!


%E9%BB%84%E9%BE%8D%E3%80%80%E5%9C%B0%E5%9B%B3.png




ここにはこーんな



%E9%BB%84%E9%BE%8D%EF%BC%91.jpg




%E9%BB%84%E9%BE%8D%EF%BC%92.jpg




自然が創りだした天然のプールのような場所が広がっています!
九寨溝からすぐ近くなので(地図上では・・・)
ちょっと足を伸ばしてコチラも見てみたいものです!

ちなみにこの黄龍はその昔、
中国の皇帝が本当にプールとして使っていたそうな!
(君たちが泳いだら帰国できなくなるのでやっちゃダメだぞ!)




というわけで今回の「せかココ」は初の自然遺産のご紹介でしたが、
行ってみたい!マジで行ってみたい!
自然が作りだす神秘をカラダ全体で感じたい!
こんなとこ東京にないかな〜〜〜〜〜〜・・・・・・


あっ!そういえば次のナガヨシWalkerで九寨溝・黄龍に似たような
自然の神秘を体験してきたばっかりだった(うっかり)


ってなわけで世界自然遺産にも負けず劣らずの不思議な
場所を9月15日放送の(FMさがみはひと足はやい12日に!)
ガー!ガー!!ガー!!!×RADIO ナガヨシ回で紹介しますのでお楽しみ!



以上作家兼旅人のなちゅき♪でした!旅サイコー!!!





produce by gagagaproject;番組作家なちゅき♪
posted by ガー×3! at 23:57| Comment(0) | 世界のココに行ってみたい♡ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月30日

なちゅき♪の世界のココに行ってみたい♡:第4回




いつもガーガーガーHPにお越し頂きありがとうございます。
8月も終わりだというのに暑い日が続いてますね。

夏休みの宿題を毎年ギリギリまでやらずに泣きそうになっていた、
番組作家のなちゅき♪でございます。


ささっ、先週は
『モンサンミッシェル』についてアツく語らせてもらいましたが、
今回ご紹介する「せかココスポット
(※世界のココに行ってみたいスポットだよ!)は、


コチラ!!


%E3%83%9A%E3%83%88%E3%83%A91.jpg



『ペトラ』でございます!!



どこだよ“ペトラ”ってと思う方、ちょっと待ってください!
どこかで見覚えないですか?このカタチ・・・

実はこのペトラ遺跡の「エル・カズネ(宝物殿)」
インディージョーンズ/最後の聖戦で、
ラストダンジョンの入り口として使用されたんです!
その他にもペトラはインディージョーンズのロケ地になっているので、
1度見なおしてから行くと魅力が倍増しますよ!

さてさてペトラについて簡単にご説明させて頂きます。
ペトラはヨルダンの死海とアカバ湾の間の渓谷にある遺跡で、



%E3%83%9A%E3%83%88%E3%83%A9%E3%80%80%E5%9C%B0%E5%9B%B3.png



さきほどご紹介したエル・カズネ以外にも
様々な遺跡群が点在しています。
元々、砂漠を行き交うキャラバン隊の重要拠点として栄えた場所だったそうです。


このペトラ。
遺跡がカッコイイのはもちろんですが、
エル・カズネまでの道程もカッチョいいんです!
“シーク”と呼ばれる両側の岩壁でできた
細い道がおよそ1.5km続いていて



%E3%83%9A%E3%83%88%E3%83%A9%E3%80%80%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%82%AF.jpg



%E3%83%9A%E3%83%88%E3%83%A9%E3%80%80%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%82%AF2.jpg




途中にはドゥシャラ神と呼ばれる神を祀った祠があったり



%E3%83%89%E3%82%A5%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%A9%E7%A5%9E%E3%81%AE%E7%A5%A0.jpg



最奥まで水をひくための用水路の跡があったりと



%E7%94%A8%E6%B0%B4%E8%B7%AF%E8%B7%A1.jpg



まさにアドベンチャー感覚で楽しめるアラビアンな遺跡でございます。
世界はまだまだ広いと思わせてくれますなぁ。

このシークを抜けると最初に紹介したエル・カズネに行き着くのでございます!



%E3%83%9A%E3%83%88%E3%83%A91.jpg




いや〜行きたい!!絶対ココ行きたい!!



よしっ!ナガヨシWalkerで行こう!!
カンペ地獄の馬券よ当たれ!!



ってことで以上、
「 なちゅき♪の世界のココにいってみたい」でした。


旅のおともにはガーガーガーRADIOを是非聞いてください!
ではではまた来週〜
旅サイコー!!





produce by gagagaproject;番組作家なちゅき♪
posted by ガー×3! at 22:13| Comment(0) | 世界のココに行ってみたい♡ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする